アノニマスが北朝鮮に「宣戦布告」 対外宣伝用サイトからデータ盗み出す? 

印刷

   国際的ハッカー集団「アノニマス」を名乗るインターネットの利用者が、北朝鮮の対外宣伝用ウェブサイトにサイバー攻撃を行い、利用者のデータを盗み出したとする犯行声明を発表した。

   この声明の内容はかなり大胆で、北朝鮮の国内向けネットワーク(イントラネット)に侵入したと主張。イントラネットはインターネットと切り離されていると考えられており、主張の信憑性に疑問を唱える声も出ている。

ツイッターで北朝鮮サイトへの攻撃を呼びかける

アノニマスが登録利用者のデータを盗み出したと主張している「我が民族同士」
アノニマスが登録利用者のデータを盗み出したと主張している「我が民族同士」

   2013年3月30日には、ツイッターの「#OpNorthKorea」というハッシュタグで、朝鮮中央通信社や、国際放送「朝鮮の声」といった北朝鮮関連サイトへの攻撃を呼びかける声が相次いでいた。これらのサイトのサーバーは北朝鮮国内に設置されているが、祖国平和統一委員会が運営する「我が民族同士」のサーバーは中国に置かれている。同サイトも、同様に攻撃の呼びかけの対象に含まれていた。

   呼びかけがどの程度影響したかは明らかではないものの、翌3月31日には、北朝鮮関連サイトがつながりにくい状態が続いた。

   2日後の4月2日には、この攻撃に関する犯行声明が、ソースコードの投稿サイトに公開された。このサイトは、これまでにもアノニマスが犯行声明を発表するのに利用したことがある。

   犯行声明では、「北朝鮮政府は平和と自由への脅威になりつつある」として、(1)核開発をやめること(2)金正恩第1書記が辞任すること(3)北朝鮮に自由な直接民主制を導入すること(4)全ての市民に検閲なしでインターネットへのアクセスを認めること、を北朝鮮政府に対して要求。北朝鮮国民には、政権転覆を目指して蜂起を呼びかけた。

   さらに、声明では、「我が民族同士」に登録している利用者のデータ1万5000人分を盗み取ったとも主張。その証拠として、6人分の氏名、生年月日、メールアドレス、暗号化されたパスワードを公開した。

イントラネットや、メールサーバー、ウェブサーバーに侵入

   犯行声明の中で特筆すべきことは、「光明」(クァンミョン)と呼ばれるイントラネットや、メールサーバー、ウェブサーバーに侵入したとも主張していることだ。光明は2000年頃に運用が始まり、ニュースサイトやショッピングサイト、チャットルームや電子図書館が設けられているとされる。北朝鮮国民は誰でも利用できることになっているため、仮にアノニマスが侵入していれば北朝鮮は大きなダメージを受けることになる。

   ただし、国外からの情報流入で政府批判が高まるのを防ぐ目的で、「光明」は、インターネットとは切り離されていると考えられている。このことから、仮にアノニマスが「我が民族同士」のデータを盗み出し、北朝鮮関連サイトに攻撃を加えていることが本当だとしても、光明にはアクセスできていないとの見方が支配的だ。

   アノニマスは、4月19日と6月25日にも同様の攻撃を行うことを予告している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中