その瞬間、「さしこ」つぶやき40万回 ネットが選んだAKB総選挙「名場面」

印刷

   AKB48選抜総選挙、ネットが最も「燃えた」のは果たしてどの瞬間だったのか。ツイッターなどの発言回数を参考に調べると、総選挙の順位とはまた違ったランキングが見えてくる。

   たとえば、「ぱるる」こと島崎遥香さんが12位と決まった瞬間、ネットは上位3人の発表に匹敵するほどのどよめきを見せた。

「ぱるる」12位にどよめいたツイッター

「ぱるる12位かああああ。・゜・(ノД`)・゜・。まだ上にいくかと思った。・゜・(ノД`)・゜・。」
「は!?まぢでありえんから!? ぱるる12位て何よ!? え、待って動揺動揺」

   「開票」が始まった2013年6月8日の17時30分~24時までのツイッター・フェイスブックでの言及数で(Yahoo!リアルタイム検索調べ)、島崎さんの愛称である「ぱるる」は約7万件で、他の選抜入りメンバーの倍以上、上位3人に次ぐ数字となった。数字から見れば、篠田麻里子さんの「卒業」以上の注目度だ。

   島崎さんは前年23位。12位なら躍進と言っていいはずだが、中間速報で7位に食い込んでいたことを思うと、「もっと上」という期待がファンにあったようだ。発表後の島崎さんが落ち込んだ表情を浮かべたこともあり、今回の総選挙のハイライトの1つとなった。

   同じく言及数が順位以上の盛り上がりを見せたところでは、NMB48の山本彩さん(14位)、渡辺美優紀さん(15位)の2人が目立つ。こちらは前年から順位をともに伸ばし、そろってNMB初の選抜入りを果たしたということで祝福ムードに包まれ、特に渡辺さんの愛称「みるきー」は、上記期間中に3万3000回以上も叫ばれた。

   ちなみに2人、そして何より指原さんを含め、「地方勢」の躍進が目立ったのも今回の総選挙の特徴だ。64位以内に入ったメンバーの数では、SKE48が17人(前年15人)、NMB48が8人(前年5人)、HKT48も6人(前年1人)とそろって増加、とうとう半数を占めるに至っている。NMB組2人の注目度の高さは、その勢いを象徴する構図だ。

「さしこ」13万回、「まゆゆ」9万回

   だが、上位3人の発表時はさらに上を行く投稿数が叩き出された。3位となった渡辺麻友さんの愛称「まゆゆ」の発言回数は、実に9万3000回を超えた。特に順位が発表された21時前後には、約15分間で5万件の叫びがタイムラインを流れている。

   そして1位の指原さんにいたっては、「さしこ」という愛称だけで13万回、「指原」という名字は25万回以上も投稿された。一晩でのべ40万回近く、指原さんの名が全国各地でつぶやかれた計算になる。

   ちなみに、同じ期間に「安倍」とつぶやかれた回数は約3000回。日本国民のAKB熱は、まだまだ冷める様子がないようだ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中