すかいらーく、14年夏にも再上場

印刷

   ファミリーレストラン最大手のすかいらーくが、2014年夏にも再上場する方針であることがわかった。同社に出資している米投資ファンド「ベインキャピタル」の日本法人幹部で、すかいらーく社外取締役も務める杉本勇次氏が2013年6月25日、朝日新聞の取材に答えた。赤字店の閉鎖などを進め、安定的に収益を稼ぐ体質になっているためという。

   さらに、「われわれは5~7年かけて経営改革を手伝うのが一般的。上場は一つの通過点だ」と語り、上場後もベインキャピタルが大株主として経営に携わる考えを示した。

   すかいらーくは2006年9月に経営陣による自社株買い取り(MBO)を実施して非上場企業となった。11年秋からはベインキャピタルが全株式を買い取り、再建を主導。グループ店舗を06年末より3割強減らすなど効率化を進め、12年12月期決算は主力のファミレス「ガスト」の既存店売上高が前期を上回るなど好調で、グループで前期比54.3%増の68億円の最終利益を上げるまで回復している。

   13年12月期には3期連続の黒字になる見通し。

   ベインキャピタルは上場により、出資した資金を回収する。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中