「ムックに、ももクロチケット付けます!」 実は開催未定で、大量購入したファンが激怒

印刷

   アイドルグループ「ももいろクローバーZ(ももクロ)」のムック「ももクロぴあ」が、「架空のコンサートチケットを封入して複数購入を煽った」として非難の的になっている。

   発売前、メンバー・高城れにさん(20)の初ソロコンサートのチケットがランダムに封入されていると告知され、大量購入したファンがいたようだ。

「れにのソロコン開催とぴあから連絡」プロデューサーがツイート

記者が購入したムックには「モアチャンス抽選券」が付いていた
記者が購入したムックには「モアチャンス抽選券」が付いていた

   2013年7月2日発売の「ももクロぴあ vol.2」について、音楽ニュースサイト「ナタリー」が6月25日、こんな告知記事を掲載した。

「読者限定特典として、招待制による高城れにのソロコンサート『ミライコンサート「高城れにファーストコンサート 20XX 高城の逆襲!!!~ナスだっていいじゃん~(仮)」』が行われることも決定。これは高城がぴあを訪問した際に、チケット部門で自身のソロコンサートチケットを作ってみたことをきっかけに実際に企画されたもの。『ももクロぴあ vol.2』には『コンサート入場券』もしくは『モアチャンス抽選券』が封入されており、『コンサート入場券』が入っていればソロコンサートに参加でき、『モアチャンス抽選券』が入っていれば応募抽選でチケットが当たる」

   この記事を読んだ人が、「理事長」と名乗る、ももクロのエグゼクティブプロデューサーのツイッターアカウントあてに「これってネタですか?本当に開催あるんですか?」と質問すると、理事長は「れにのソロコンサート?ホントに?(中略)これマジ話なんですかね」「なんかガセみたいですよ」とツイートした。しかしその直後、

「〈吉報〉ガセかと思われたももクロびあの高城れにソロコンサートの件、ぴあさんから連絡を頂き、れにのソロコンサート開催するとのことです。詳しくはももクロびあを見よう!」(原文ママ)

と、「開催決定」と思わせるツイートを投稿した。

「20冊買ってて新たに20冊予約したんだが…」ファン悲痛

   こうした情報から「開催決定」と思ったファンは、「入場券」を当てるため複数冊予約に走った。中には数十冊予約した人もいるようだ。

   しかし発売日の7月2日になって、ももクロぴあの特設サイトにこんな注意文が掲載された。

「一部報道で、『高城れにさんのファーストソロコンサート開催決定』と報じられておりますが、開催は未決定ですので、現時点において、この特典は架空のチケットであり、実際に使用できるものではありません。ミライコンサートですので、開催日時などの公演詳細、及び『モアチャンス抽選券』での応募方法は、イベントの開催が決まった際に、当サイト上にて発表いたします」

   これを見つけたファンが、2ちゃんねるに「これってマジ?!20冊買ってて新たに追加で20冊予約いれちゃってるんだが…れにちゃんのソロコン嘘だったの?!」と書き込み。その後ツイッターでも、「5冊ぽちって今週末手に入るんだが、、まだなーんも決まってへんだと?アホと違うか?」「別にチケット当たらないなら一冊しか買わなかったよ ひどい!」「僕も複数冊買ってる。詳細出るまで静観しますが。おこです」と、複数購入した人が続々と怒りのツイートを投稿した。理事長に説明を求めるツイートも寄せられているが、理事長は7月5日18時現在、特にコメントしていない。

   一方、一部のファンからは「いずれ開催するんでしょう」「いつかはやるでしょ!」と、「詳細が決まっていないだけで開催する方向で動いているのでは」と見る声も上がっている。

   ムック発行元のぴあに問い合わせたところ、「こちらからは何とも言えない。サイトに掲載されたこと以上でも以下でもない」とのことだった。困惑しているファンに対しては、「混乱を招いていることは大変申し訳ない」とした。

   ももクロの所属事務所・スターダストプロモーションは担当者不在で、詳しい話が聞けなかった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中