「お笑い芸人」の犯行をネットはどうやって暴いたのか 他人の自転車撮影しヤフオク出品、落札後に盗む

印刷

   他人の高級自転車を無断で撮影してネットオークションに出品し、落札された後に盗んだとして、警視庁池袋署は2013年7月9日、プロ社交ダンサー兼お笑い芸人の「兼島ダンシング」こと兼島信茂容疑者(39)を窃盗容疑で逮捕した。

   この事件は自転車の持ち主がブログで被害を明かしたことでインターネット上で話題になっており、6月19日の時点で犯人の名前が浮上していた。

ケルビム・ランブラー、キャノンデールT1000など9台が被害に

「自宅のガレージに置いていた、ケルビム・ランブラー ブリヂストン・アンカー XCN7 キャノンデール T1000 3台が根こそぎ消え失せてしまいました~」
「今朝7時ごろ、寝床から起きて盗難現場のガレージを見たところ、さらに信じがたい光景が……。そこにまだあったはずの自転車たちが、一台の子ども乗せ自転車(アンジェリーノ)を残してすべて消えていたのです。ジャイアントCADEX GTアイドライブ2.0 タイレルRS(700C。以前から貸与中) タイレルPK1(20インチ。以前から貸与中) 東京バイク650C(妻の) ルイガノ12インチ子供車 6台です」

   13年6月17日、ある自転車愛好家のブログにこんな記事が公開され、大量盗難が明らかになった。いずれの自転車も高級車で、高いものだと50万円以上(完成車価格)にもなる。

   その日の夕方、ヤフオク!に盗まれた自転車をはじめ、盗まれていない自転車まで何者かが出品していたというブログが更新された。被害者は、犯人がガレージから自転車を引き出して一台ずつ撮影し、物を手元に置く期間を短く済ませるために盗む前にオークション出品、成立したら盗み、成立しなかったものは盗まないという狡い手口だったのでは、と推測した。

   なお、GTアイドライブ2.0、タイレルRS、タイレルPK1、ルイガノ12インチ子供車の4台は、自宅付近に放置されていたのが見つかり、無事だったそうだ。

芸人仲間のブログや社交ダンス掲示板から容疑者が浮上

   被害者が自転車愛好家の間でちょっとした有名人だったこともあり、盗難事件は2ちゃんねるの自転車オークションスレッドですぐに話題になった。

   被害者がオークションに出されていた自転車の写真をブログに掲載したことから、オークションの該当ページがすぐに特定され、出品者のIDが明らかに。オークションページに「出来れば引き取り希望です。都内JR池袋周辺。有楽町線要町周辺」と注意書きされていたため、池袋周辺に住んでいる、または縁の深い人物か、と推測された。

   このIDのユーザーは過去にバイクも出品していたのだが、6月19日、そのバイクに乗っている兼島容疑者の写真を掲載した芸人仲間のブログが見つかり、「兼島ダンシングが犯人では」とささやかれ始めた。

   23日には、社交ダンスサークルの「ステップワン池袋」のインターネット掲示板で、「かねしま」というハンドルネームの人物が、犯人のヤフオクIDと同じIDを使用したメールアドレスを自身の連絡先として書き込んでいるのが見つかった。

   「池袋」「社交ダンス」「ID」「かねしま」―オークションページから読み取れることと掲示板の書き込みで明らかになったことが一致し、2ちゃんねるではこの時点で「兼島が犯人で確定だ」という流れになった。

   その後警察の動きが全く報じられず、「警察は何やってるんだ」「もう犯人はわかりきっているのに」と2ちゃんねらーはやきもきしていたようだが、犯人浮上から約3週間経ち、無事犯人逮捕に至った。なお、NHKの報道などによると、兼島容疑者は「なぜ逮捕されたかわからない」と容疑を否認しているという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中