ビッグダディがプロレスデビュー! 「ほもクロ」相手に善戦、熱いキスも

印刷

   「ビッグダディ」こと林下清志さん(48)が2013年9月14日、青森・東津軽郡の夜越山スキー場で開催されたイベント「夏の魔物」でプロレスデビューを果たした。

   エンターテインメント集団「DPG」が歌っているところに、DDTプロレスリングのユニット「ほもいろクローバーZ」(男色ディーノさんと大石真翔さん)が乱入、林下さんが救出しようとする形で戦いがスタート。DPGのリーダー・福田洋さんとタッグを組んで一本背負いを決めるなど善戦を繰り広げたが、ディーノさんに尻を攻められ、頭を股間で固められるなどして13分8秒で負けを喫してしまった。

   林下さんが敗戦後「女には散々触ってきたけど、男の肌もいいなぁ!」とコメントすると、ディーノさんは「それでこそ私のダディ」と色っぽく返答。熱いキスも交わし、会場を沸かせていた。

   林下さんは試合後、ツイッターで「老体に鞭打っての挑戦でしたが、それもチャンスを与えて頂いたから出来たことです。一生の思い出をつくらせて頂いた関係者各位の皆様に、心から感謝しております」と投稿。娘たちも観戦に来ていたが、「男色ディーノ氏が大好きな娘達は、ディーノ氏の得意技のオンパレードに大喜びでした。父親がやられてるのに…」と、楽しんでいたと明かした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中