「週刊誌に待ち伏せされた。逆に追いかけてやった」 怒るダルビッシュ「小物すぎる」のか

印刷

   2013年9月30日に大リーグのレギュラーシーズンを終え、日本に帰国中のレンジャーズ・ダルビッシュ有投手(27)だが、心休まらない時もあるようだ。

   ツイッターで週刊誌の記者に待ち伏せされたと報告、苛立ちの気持ちを投稿した。フォロワーからは同情の声が寄せられているが、追われることをいちいち気にしているとして「小物すぎる」との意見もある。

「人のプライベート売った金で飯食って悲しくないの?」

一連のツイート
一連のツイート
「週刊誌の車に待ち伏せられてたから逆に追いかけてたんだけど、この人たちは人のプライベート売った金で飯食って悲しくないのかね?んでなんで毎回黒塗りのいかにもって感じの車なの?」
「んで信号待ちで声かけてたら、『え?なに?』みたいにしらばっくれるもんだからしつこく言ってたらカメラ出してきた(笑) 家族が悲しむぞー」

   13年10月27日夜、ダルビッシュさんは怒り半分、呆れ半分といったこんなツイートを投稿した。

   フォロワーから「逆に写真撮ったれw」とけしかけられると、「キッチリいただきました」と既に撮影したことも明かす。「俺どんだけ暇なの?」と自分に突っ込みつつ、「撮ろうとする週刊誌、見つけて追いかける俺、見つかって逃げる週刊誌、言いたいこと言って帰る俺。10月27日、間違いなく俺らは暇だった」と詩的な自虐もしてみせた。

   さらにフォロワーから「さすがに週刊誌の人らを撮った写真を載せるのは無理ですか?ダルビッシュ週刊誌を逆に!」と提案され、「顔映ってなかったら載せていいのかな?」と乗り気になっていた。

「日本シリーズ見ろよ」との突っ込みも

   一連のツイートに対し、フォロワーからは「あいつらはクソですね。そんな下等な奴らと絡まないほうがいいですよ!」「俺だったらカメラぶっ壊してやるかもしれません」「日本では落ち着ける場所が無いですな」など、週刊誌批判や同情のリプライが寄せられた。

   一方「記者の写真を逆掲載」の悪ノリには、「その心理は週刊誌の心理と一緒ですよ」「週刊誌と同じレベルにダルさんが落ちる必要はないかと」と諌める声も上がった。また、27日はダルビッシュさんと仲の良い楽天イーグルス・田中将大投手がジャイアンツ戦に登板していたこともあり「日本シリーズ見ろよ」との突っ込みもあった。

   ネット上では「ダルは相変わらずしょーもないことやっとるな」「ダルのツイート小物くさいから勿体無い。実力すごいのに」など、「やることが小さい」と呆れている書き込みも見られる。

   ただ、これまでのダルビッシュさんと週刊誌との遺恨を振り返ると、追跡にナーバスになるのも無理はないのかもしれない。

   10年11月、元妻の紗栄子さんとの離婚騒動の際、最初夕刊紙や週刊誌はダルビッシュさんが連日夜遊びしているのが原因などと報じたが、ダルビッシュさんが「何で俺だけ悪いみたいなってんねん。アホちゃう」と怒りのツイートをすると、一転「紗栄子さんが悪妻だった」との報道が出始めた。

   11年1月には、紗栄子さんとの離婚協議中に元プロゴルファーの古閑美保さんの部屋に連日泊まっていたとフライデーに報じられたが、「ちょっと女性と自主トレしたら、色んなの勝手に作り上げて記事に」と否定した。13年6月にも、古閑さんがダルビッシュさん名義のマンションに住んでいると女性セブンに報じられたが、「家すら買ってもいないし、借りてもいないのに!(笑)」と否定、「週刊誌は信じるもんじゃないですよ」「一部でも売るために何でもしますから」と批判していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中