リーガルハイで懐かし「騒音おばさん」パロディー? 「引っ越し!引っ越し!」ネット盛り上がる

印刷

   CDラジカセから大音量の音楽を24時間流し続け、「引っ越し!引っ越し!さっさと引っ越し!しばくぞ!」などと叫びながら布団をたたく――「奈良騒音傷害事件」の加害者とされた「騒音おばさん」の名前がネット上で話題となったのは、もう8年半も前のことになる。

   その「騒音おばさん」が2013年秋、何とテレビドラマで復活した。視聴者は「騒音おばさんかよww」「懐かしいww」と、大いに盛り上がったようだ。

「騒音おばさん」が一時ツイッタートレンド入り

   俳優の堺雅人さん主演の弁護士ドラマ「リーガルハイ」(フジテレビ系)2013年10月30日放送回は、「隣人トラブル」がテーマだった。

   新垣結衣さん演じる黛真知子弁護士が勉強中、堺さん演じる古美門研介弁護士がお世辞にも上手とは言えないバイオリン演奏に励んでいる。黛がイライラして「騒音です!」と言い切り、カチンときた古美門と揉める、こんなシーンでドラマは始まった。

   住宅街の午後のひと時にシーンが切り替わり、猫背椿さん演じる主婦・東山冬海が干した布団を布団たたきで思い切り叩いている。佐藤仁美さん演じる隣人の主婦・西平なつがその音に耐え切れず、大きなはさみを持って「いい加減にしてよ!うちの子がピアノの練習できないでしょ!」と怒鳴り込みに行った。東山はゴルフクラブで応戦、殴られそうになった西平が東山の脇腹あたりをはさみで刺してしまうという話だった。

   「布団たたき」と「ご近所トラブル」に、「騒音おばさん」を連想した視聴者が多かったようだ。ネット上では布団たたきのシーンが流れた瞬間、「いつぞやの騒音おばさんww」「引っ越しおばさんwww」「懐かしいwww」「引っ越し!引っ越し!」「しばくぞ!」などと書き込まれ、盛り上がった。ツイッターでは一時「騒音おばさん」がトレンド入りを果たした。

リーガルハイでは「布団たたいた側」が事実上の勝利

   ちなみに「騒音おばさん」は当時ニュースやワイドショーで大々的に取り上げられ、初めのころは「近所迷惑な人だ」「とんでもない」という感想を抱く人が多かった。その後、あまりに一方的なマスコミの報道姿勢に疑問を抱き、被害者側にも原因があるのではと考える人が増え始め、今では騒音おばさんに同情的な声も目立つ。

   一方リーガルハイの結末は、刑事裁判で西平の正当防衛が認められ無罪となったが、東山が古美門に弁護を依頼し慰謝料と治療費、西平家の引っ越しを求める民事裁判を起こした。双方にトラブルの原因があったとして、最終的には和解が成立した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中