正恩氏「眉毛半分切り取り」で韓国報道過熱 強い姿見せたかった?張成沢氏処刑で動揺?

印刷

   北朝鮮の金正恩第1書記に起こった「ある変化」の理由をめぐり、韓国メディアが大騒ぎになっている。

   張成沢(チャン・ソンテク)元国防副委員長の死刑執行後初めて公の場に現れた正恩氏の眉毛が「半分が切り取られてしまった」というのだ。「強い姿を見せようとした」「処刑で動転した」などと様々な憶測が広がっている。

「長さは短くなったが色はより濃くなった」

眉毛をめぐる報道が過熱している(写真はMBCテレビから。右側が12月17日の様子)
眉毛をめぐる報道が過熱している(写真はMBCテレビから。右側が12月17日の様子)

   韓国メディアが注目しているのが、2013年12月17日に平壌で行われた金正日総書記の中央追悼大会での正恩氏の様子。張成沢氏の死刑が執行されたのは12月12日で、執行から公に姿を見せるのは初めてだ。正恩氏の表情がいつになく厳しく、顔色が悪いように見えたことは日韓のメディアでも話題になった。

   韓国の民放MBCの看板番組「ニュースデスク」は、別の点に着目。12月17日の写真と、13年2月の写真を比較し、正恩氏の眉毛に起こった異変を指摘した。「強い姿を見せようと意図的に剃った」と分析した。正恩氏は髪型、歩き方、拍手の仕方などを祖父の金日成主席に似せていることが広く知られている。このことと通底する部分もあるようだ。

   他の韓国メディアも、いっせいにこの話題を追いかけた。東亜日報は12月19日、「長さは短くなったが色はより濃くなった」ことから、「全部剃ってしまってから再び描いたのでは」と推測した。背景については

「権威的で強い印象を与えるため」
「風変りな性格が現れた」

と大筋ではMBCと同じだ。

過熱する報道に冷ややかな声も

   釜山の地方紙「国際新聞」は、

「処刑後の心理的な動揺が表れている」

と指摘。ネット上で正恩氏が嘲笑されていることも報じた。

「ブサイク」
「笑うしかない写真だ」
「心境の変化でもあったのか」

   報道は過熱気味で、ネット上の冷ややかな声も報じられている。京郷新聞によると、MBCの報道に、

「何故か最近は朴槿恵よりも張成沢、金正恩の顔をより多く見る」
「他にやることはないのか」

といった声が出ているという。

   米プロバスケットボールの元スター選手デニス・ロッドマン氏は12月19日から訪朝しており、今回も正恩氏と会談する可能性が高い。この場で正恩氏がどのような眉を描いてくるかが注目される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中