西武、伊勢丹など百貨店で「チャンルー」偽物販売か

印刷

   米国のアクセサリーブランド「CHAN LUU(チャンルー)」を展開するチャンルー・インコーポレーテッドは2014年1月22日、西武池袋本店(東京・豊島区)1階のアクセサリー販売コーナー「フーカ(FUUKA)」で13年12月に同ブランドのラップブレスの偽物が販売されていたと公表した。

   過去には、伊勢丹松戸店・浦和店・相模原店・府中店、京王百貨店新宿店、松坂屋名古屋店、大丸梅田店で、同種の偽物を販売していた可能性があることも判明した。

   京王百貨店は「不正品であると確認された商品は今のところ出ておりません」と発表したが、西武池袋本店、三越伊勢丹、大丸松坂屋百貨店は「偽物を販売した可能性がある」として、商品を確認するため、購入者に連絡を呼びかけている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中