小田急・快速急行の窓から飛び降り 命を落とさなかったのはなぜなのか

印刷

   小田急線・快速急行の窓から走行中に飛び降りた男性(39)について、ネット上では、非難が出るとともに、命を落とさなかったことに驚きの声が上がっている。

「電車に飛びこんだんじゃなく、電車から飛び降りたって」「どういうことだよ...」

   小田急線で2014年1月23日夜、アナウンスなどで飛び降りの情報が流れると、ツイッターでは、首都圏ではあまり聞かないような事態に戸惑いの声が相次いだ。

電車が分岐点でスピードを落としていた?

   報道によると、この男性は、神奈川県川崎市内の生田駅―向ヶ丘遊園駅間で、新宿行き快速急行の窓から飛び降り、その後、線路から走って逃げた。しかし、そこから50メートルほど離れたマンション駐車場内でうずくまっているところを多摩署員が見つけ、救急車で病院に運ばれた。男性は、頭から血を流すなど全身にケガをしていたものの、命に別状はないという。

   車内では、男性は、女性客から「体を触られた」と痴漢被害を訴えられ、トラブルになっていた。多摩署では、男性の回復を待って事情を聞く方針だ。飛び降りた影響で、小田急線は、約40分運転を見合わせ、新宿などの各駅では運転再開を待つ人たちで大混雑する騒ぎになった。

   小田急電鉄によると、快速急行は、直線なら100キロ前後のスピードで走行している。飛び降りた現場は、カーブが多いため、電車の制限速度は45キロになっていた。男性は、上の窓を引き下ろし、そこから身を乗り出すようにして飛び降りたらしい。

   男性がケガで済んだことについて、広報担当者は、「普通では考えられないことですので、なぜそうなのかは回答しかねます」と言う。ただ、現場は、向ヶ丘遊園駅から数十メートル手前で、線路が左右に分かれるポイントにもなっており、電車がスピードを落としていた可能性はあるようだ。

過去の飛び降りは、ほとんどが死亡か重傷

   小田急によると、飛び降りた男性は、女性客の隣に座っており、車内を巡回していた車掌に女性が「男性から迷惑行為があった」と訴えた。男性は、寝ているような様子だったという。

   ところが、車掌が車掌室に戻り、次に停車する下北沢駅で駅員の応援を無線で求めていたとき、男性は、突然立ち上がって、隣の車両に走り込み、その窓から飛び降りたというのだ。それを見た女性が車内の緊急ブザーを押して、電車は緊急停止していた。

   上り電車のため、どの車両も乗客はまばらだったといい、男性は、進行方向右側の窓から、下り電車の線路のある方向へ飛び降りていた。上り線路上には、スーツの上着と片方のビジネスシューズが落ちていたという。

   車掌の対応について、小田急では、「今のところ問題はないと考えています」と話す。最近は、空調もエアコンになって窓の開かない電車が増えているが、窓の開く電車もまだ残っているという。男性に賠償を求めるかの話はまだ出ていないとした。

   小田急の電車で走行中に飛び降りたケースについては、「過去にはないと思います」と言っている。

   ただ、過去の報道を見ると、全国的には、そうしたケースも時々起きている。その中には、痴漢被害を訴えられて飛び降りたケースもいくつかあり、ほとんとが死亡するか、助かっても重傷を負っていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中