「明日ママ」次々スポンサーCM見送り 3話以降キユーピー、JXホールディングス、日清食品、スバルも

印刷

   児童養護施設関係者への人権侵害があるとして関係団体から抗議を受け、賛否両論を呼んでいる日本テレビ系ドラマ「明日、ママがいない」をめぐり、番組スポンサー各社が続々とCM放送の見送りを決定している。

   2014年1月22日の第2話でCMを見合わせたのは8社中3社だったが、3話目以降、少なくとも4社のCMが流れないことが分かった。

「21世紀で一番泣けるドラマ」のはずが…

フィクションの内容巡り、議論に(画像は「明日、ママがいない」公式サイトのスクリーンショット)
フィクションの内容巡り、議論に(画像は「明日、ママがいない」公式サイトのスクリーンショット)

   「明日、ママがいない」(以下、「明日ママ」)は、親と離れて児童養護施設で暮らす子供たちの目線を通して「愛すること」「愛されること」を問いかける「21世紀で一番泣けるドラマ」として、1月15日にスタートした。だが、ドラマ内では赤ちゃんポストに預けられた少女が「ポスト」とのあだ名で呼ばれたり、施設長の男性が子供たちを「ペットショップの犬」に例えたりと、ショッキングな描写も目立つ。

   第1話放送後、「こうのとりのゆりかご」を運営する熊本県の慈恵病院や、全国児童養護施設協会などの関係団体は施設関係者への人権侵害があるとして抗議を表明した。それに対し日テレが放送継続を発表すると、22日には慈恵病院が放送倫理・番組向上機構(BPO)に内容の審理を申し立てた。

   フィクションにおける表現の自由はどこまで許されるのか。放送の継続・中止をめぐる議論が盛り上がる中、22日に放送された第2話で異変が起きた。ドラマのスポンサー8社のうち3社がCM放送を見合わせ、本来あるはずの放送終了時の提供社名表示にいたっては1社もなかったのだ。CM放送を見合わせたのは、「キユーピー」「JXホールディングス(エネオス)」「エバラ食品」で、エバラ食品のCMは、ACジャパンに差し替えられていた。

「花王」「エバラ食品」「三菱地所」「小林製薬」はいずれも「検討中」

   第3話以降はどうなるのか。「キユーピー」はいち早く番組スポンサーの降板を決めた。さらにJ-CASTニュースが他のスポンサー7社に聞いたところ、JXホールディングス、日清食品、スバル(富士重工業)の3社が3話目以降のCM放送を取りやめることが新たに分かった。日清食品とスバルの見送り期間は未定だが、JXホールディングスは提供自体も取りやめの方向で進めているという。

   また「花王」「エバラ食品」「三菱地所」「小林製薬」の4社はいずれも「検討中」だといい、すでに確定した4社に加え、29日の放送時にはそれ以上増える可能性もありそうだ。なお、いずれの企業も視聴者や消費者の意見などを考慮したと話し、キユーピーとエバラ食品は、視聴者からメールや電話が数十件届いたという。

「明日、ママがいない」放送中止すべき?
中止したほうがいい
継続したほうがいい
どちらともいえない
わからない
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中