NHK経営委員・長谷川三千子氏、受信料不払いの過去発覚

印刷

   NHK経営委員の長谷川三千子氏(67)がNHK受信料の支払いを拒否する意志を示した文章が、月刊誌「正論」2005年7月号に掲載されていたことがわかった。

   14年2月27日付の毎日新聞によると、元獨協大学名誉教授の故・中村粲(あきら)氏のコラム「NHKウオッチング」で、卒業式の国旗掲揚・国歌斉唱問題を取り上げた05年3月放送のNHK「クローズアップ現代」について、長谷川氏が「本当に酷(ひど)うございましたね。私も生まれて初めてNHKに抗議電話をしようといたしましたらば、すでに回線がパンク状態でございました。ちやうど自動振替が切れましたので、NHKが回心するまで不払ひをつづけるつもりでをります」などと記した、中村氏あての手紙の文面が引用されていた。

   長谷川氏は毎日新聞の取材に対し「未納は2か月間で、その後、支払った。支払いの保留をあたかも視聴者の権利のごとく考えていたのは、完全に私の無知によるものだ」とコメントしたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中