正恩氏の放蕩ぶり暴露した「元専属料理人」 「張成沢のように私は消されるかもしれない」

印刷

   北朝鮮の故・金正日総書記の元専属料理人で日本人としては唯一、金正恩第1書記の幼少期を知るとされる藤本健二氏が英紙のインタビューで、かつての正恩氏の「悪ガキ」ぶりを暴露した。7歳でベンツを買い与えられて車の運転を覚え、北朝鮮が食糧難の時に東京まで魚を買いに行かせたりする、といった放蕩ぶりだ。

   藤本氏は2012年に訪朝して正恩氏と11年ぶりに再会し、この時に脱北して日本に帰るという「裏切り行為」を許されたという経緯がある。だが、13年末に国防委員会副委員長だった張成沢(チャン・ソンテク)氏が処刑されたこともあり、正恩氏の内情を暴露した藤本氏は「張成沢氏にしたことを私にもするかもしれない」と危機感を募らせている。

「『藤本はうそつきだ』という評判が広まってしまった」

藤本氏は、正恩氏が「張成沢氏にしたことを私にもするかもしれない」と危機感を募らせている(12年12月撮影)
藤本氏は、正恩氏が「張成沢氏にしたことを私にもするかもしれない」と危機感を募らせている(12年12月撮影)

   藤本氏が訪朝したのは12年7月下旬から8月初旬にかけて。このときは藤本氏が正恩氏に「裏切り者の藤本が帰ってきました」と詫び、正恩氏が「いいから、いいから」と11年前の藤本氏の脱北を問題視しない立場をとっていた。

   藤本氏は、9月にも再訪朝することで正恩氏と約束していたが、ビザが下りず断念。日本政府関係者の圧力が原因でビザが下りなかったと藤本氏は主張しており、再訪朝が流れたため、北朝鮮の藤本氏に対する心象が悪化したとみていた。

   12年12月の会見では、

「(9月1日に再訪朝するという)今年最初の約束を、私が破ってしまった。だから共和国国内では、『ほら見なさい、藤本はうそつきだ』というあれ(評判)が広まってしまったと思いますね」

と推測していた。それから1年以上経ち、危機感はさらに強くなっているようだ。

   英デイリー・エクスプレス紙が14年2月24日に掲載した藤本氏のインタビューでは、

「正恩氏が、私の裏切りに対して許すと言ったことを取り消し、張成沢氏にしたことを私に対してもするかもしれない。最初から存在していなかったかのように、私を消すかも知れない」

とまで訴えた。

   もっとも藤本氏はインタビューの中で、正恩氏の怒りを買いそうなことを数多く明らかにしている。藤本氏によると、正恩氏は幼少期から短気で、他人を怒鳴りつけることもしばしば。兄の正哲(ジョンチョル)氏と専用コートでバスケットボールを楽しむ時も、正哲氏は温厚なのに対して、正恩氏は選手にきつくあたることがあったという。

愛用した10台のベンツはすべて防弾仕様

   藤本氏の証言で目立つのが、正恩氏の贅沢な生活ぶりだ。例えば7歳の時にはメルセデス・ベンツを買い与えられて、運転方法の指導を受けている。それ以来、正恩氏は10台以上ベンツを使っており、すべて防弾仕様だったという。14歳の時には専用ヨットでタバコを覚え、ジェットスキーも楽しんだ。ただし、正恩氏にとって、喫煙が唯一の両親に対する隠し事だったという。お気に入りのブランドはイヴ・サンローランで、10代の早い時期からロシアの最高級ウォッカを飲んでいた。1瓶をひとりで全部飲んでしまうこともあったという。最近のお気に入りはボルドーの赤ワインだそうだ。

   また、北朝鮮の食糧事情が悪化している時期に、藤本氏は東京に魚を、北京にビッグマックを買いにいくように指示されたという。

   正恩氏の女性に対する関心度も明らかにされた。父親の正日氏は、正恩氏は女性に興味がないとばかり思っていた。ところが正恩氏が18歳の時、いわゆる「喜び組」を知ったときは、正恩氏は藤本氏のもとにやってきて、

「この子は本当に胸がでかい」

などと話したという。藤本氏は張成沢氏の処刑の理由として、張氏が喜び組と不適切な関係を持ち、正恩氏が激怒したことを挙げている。正恩氏は18歳の頃から喜び組にご執心だった可能性もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中