【カス丸が来る!】
バンダイ×テレ東×東映アニメ×集英社が宇宙最強コラボ!? 激アツプロジェクトの発表会に潜入したった

印刷

   バンダイ カード事業部は、デジタルキッズカードゲーム「データカードダス マジンボーン」が2014年4月下旬から稼働するのに先がけ、3月14日に「『マジンボーン』プロジェクト発表会」を開催した。

   何やら面白そうな匂いプンプンのプロジェクトだが、この発表会にJ-CASTニュースのイメージキャラクター「カス丸」も招かれた。バンダイが「宇宙最強」と胸を張るプロジェクトの中身をレポートするぞ!

東映アニメ初のフルCGアクション

左から宇田鋼之助氏、KENNさん。カス丸もイケメン声優にメロメロだ
左から宇田鋼之助氏、KENNさん。カス丸もイケメン声優にメロメロだ

   「マジンボーン」プロジェクトは、バンダイとテレビ東京、東映アニメーション、集英社がタッグを組んでクロスメディアで仕掛ける小学生男児向けのコンテンツだ。データカードダスをはじめ、テレビアニメ、マンガなどで展開する。

   空手が得意だが平凡な高校生・竜神翔悟(りゅうじん・しょうご)が、突如目の前に現れた謎の敵「ダークボーン」に襲われる。奴らの狙いは「ボーンカード」だ。翔悟をはじめ、4人の仲間たちが「ボーンカード」を使い、骨格状のよろいに身を包んだ「ボーンファイター」に変身して地球の平和のために「ダークボーン」と戦う…という、男の子なら誰しもワクワクするようなストーリーだ。

   マンガは「最強ジャンプ」(集英社)で14年2月号から連載開始している。同誌の伊能昭夫編集長は、マンガならではの特徴として「子供向けに分かりやすいギャグを取り入れ、主人公の親しみやすさも表現した」と語った。

   アニメは14年4月1日から、テレビ東京系で毎週火曜日18時30分スタートで放送開始する。アクションシーンは全てCGで制作。東映アニメが制作するレギュラーのテレビアニメでは初の試みだそうだ。マジンボーンプロデューサーの鷲尾天(わしお・たかし)氏は、「メカでなく、人間のアクションをフルCGでやるのはチャレンジング。スタッフ一同気合を入れて制作しています」と胸を張っていた。

   発表会には、竜神翔悟役を務める声優のKENNさんも登場。鷲尾氏と、アニメのシリーズディレクター・宇田鋼之助氏が自らオーディションで主人公として選んだ逸材だ。

   宇田氏はKENNさんについて、「翔悟が来たな、っていう感じがした。思い描いていた翔悟像と合致した」と太鼓判。鷲尾氏も、「アフレコの現場でも言うことない」と、とにかくKENNさんの演技に惚れこんでいるようだった。

   KENNさん自身も作品を楽しみながら取り組んでいるようで、「大人の方にも楽しんでいただけるような、謎が謎を呼ぶストーリーになっています」と作品をPRしていた。

「マイベース」事前登録でプレゼントキャンペーンも

   そしてデータカードダスは、全国のゲームセンターや量販店にアーケードゲームとして設置する。

   100円で1枚の「ファイターカード」が払い出され、1~5枚のカードでチームを作る。縦横3マスずつあるフィールド上でカードを動かしチームのフォーメーションを決め、「ダークボーン」のチームと戦う。フォーメーションの形によって必殺技を繰り出せたり、「魔神」を召喚できたりして、より強力に戦えるという仕組みだ。

   「マイファイターセット」(税抜600円、14年4月下旬発売)を購入すれば、自分オリジナルのファイターを作り、どんどん戦わせて強くしていくことができる。「アニメで活躍する翔悟と一緒に自分も戦っている感覚が得られる」(バンダイカード事業部 マジンボーンプロデューサー・茂木喜人氏)のも魅力的だ。

   マジンボーンの公式サイトでは、自分のプレーを記録したり、他のプレーヤーとの交流も楽しめる自分専用のページ「マイベース」も登場する。事前登録期間の3月14日~4月2日までに登録すれば、プレーのデータを記録できる「ICカード」、マイファイターカード、ファイターカード3枚、カードケース、マジンボーンの遊び方や攻略法などが書かれた「マジン新聞」1号が。4月3日~5月11日までに登録すると、ファイターカード3枚、カードケース、マジン新聞1号がプレゼントされるので、「データカードダス マジンボーン」で遊び倒したい人は早めに登録しよう!

   カス丸も早速マイベースに登録。マイファイターカードで世の子供達を戦慄させる最強「カス丸ファイター」を作ろうと企んでいる…。

ゲーム好きのロバート山本も激ハマり!

梅宮辰夫さんの体モノマネでおなじみのロバート・秋山さんは「魔神の体モノマネ」で会場を沸かせていたぞ!
梅宮辰夫さんの体モノマネでおなじみのロバート・秋山さんは「魔神の体モノマネ」で会場を沸かせていたぞ!

   「データカードダス マジンボーン」のスペシャルサポーターには、子供達に大人気のお笑いトリオ「ロバート」が任命された。

   3人は、登場人物が得意とするスポーツのコスチュームで発表会に登場。特にゲーム好きだという山本博さんがデータカードダスに挑戦すると、初めてとは思えないプレーであっという間に敵をノックアウトした。「今初めてやったけど、もうハマりそう。すぐ覚えられるし、子供を連れて行ったお父さんもハマっちゃうかも!」と興奮していた。

   マンガ、アニメ、データカードダスのほかにも、バンダイからプラモデル(14年5月31日から順次発売)、お菓子のグミ(5月発売予定)、ばんそうこう(5月発売予定)、カプセル玩具(8月発売予定)が。バンダイナムコゲームスからはニンテンドー3DS用のゲームソフトが今秋発売される予定だ。

   各メディアを代表する、名だたる企業が力を入れまくりの、「マジンボーン」プロジェクトから目が離せない!

「カス丸もいつかブラック企業ファイターとしてメディア化してほしいじぇい☆」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中