大渕愛子弁護士に番組内で求愛? 竹田恒泰氏、突然傘をプレゼント

印刷

   「明治天皇の玄孫」という竹田恒泰氏(38)が、「美人弁護士」の大渕愛子弁護士(36)にテレビ番組内で高級傘をプレゼントした。ネット上では、「また求愛したのか?」「一体何がしたいのだろうか」と首をひねる向きが多い。

   竹田恒泰氏は、歌手の華原朋美さん(39)に求愛していたと2013年秋に話題になった。華原さんも好意を寄せていたともされたが、結局その実態すら分からず、話題作りではないかとの声も出ていた。

華原朋美さんとの関係は、コメント拒否

   今回、話題になったのは、日テレ系で14年3月30日夜に放送されたバラエティ番組「行列のできる法律相談所」での行為だった。

   番組ではまず、竹田氏が子供時代はお手伝いさんが2人いる豪邸に住み、今は新車なら4300万円以上もするロールスロイスが愛車という優雅な生活を送っていることが紹介された。竹田氏が愛用している皇室御用達の小物類も披露され、財布については、「お財布くん」と呼んで、使い初めに100万円や200万円を詰め込むとのエピソードも披露された。

   小物類のうち、竹田氏は、金色のショルダーバッグを華原さんにプレゼントしたことを明かした。そこで、司会者のフットボールアワー後藤輝基さんが、「実際あの方とは、どうやったんですか?」と突っ込んだ。すると、竹田氏は、嫌そうな顔に変わり、「二度とその話を振らないで下さいますか?」と拒否した。

   しかし、交際している女性がいるかとの質問には否定しながらも、「フフフフ」と意味深な笑いを漏らした。

   竹田氏は、小物類は意外と安いとしながらも、スタジオには、1本2~10万円ほどするという高級和傘がいくつか持ち込まれた。続いて、スタジオの女性陣に竹田氏が1本をプレゼントすると紹介され、レギュラー出演の大渕氏が笑っているシーンが映し出された。

「竹田氏は一体何がしたいのだろうか」

   竹田恒泰氏は直後に、「これを今日プレゼントさせていただこうと思いまして」と言って、2万円余もするピンク色の和傘を「大渕弁護士に」と取り出した。

   出演者らから「なんで?」と疑問視する声が上がると、竹田氏は、「ご一緒させていただいたときも何回かありまして」と説明した。しかし、傘の柄に、「愛子」と白地で名前が刻印されており、雨上がり決死隊の宮迫博之さんから、「こんな公共の電波使って口説くのは、どういうことや!」と突っ込みが入った。これに対し、竹田氏は、「そういうわけでもないんですけど」と漏らし、傘を大渕弁護士に手渡した。大渕愛子弁護士は、早速傘を差して、「ありがとうございます」と笑みを見せていた。

   番組では、「大渕弁護士にアタック!?」とテロップが出て、「この2人今後もしかして何か起きるかも」との紹介で締めくくられた。

   竹田氏の行為について、求愛しているのかもしれないとの報道があったが、ネット上では、「竹田氏は一体何がしたいのだろうか」との疑問の声が多かった。今回も話題作りではないかとのうがった見方もあったほどだ。また、大渕氏は、大のふなっしーファンでもあるため、関連グッズをプレゼントした方がよかったのでは、との指摘も出た。

   竹田氏に取材しようとすると、事務所では、竹田氏は多忙で応じられそうもないと秘書が説明し、「この件については、何も聞いていません。プライバシーに関わることでもあり、一切分からないです」とだけ答えた。華原さんとの交際はあったかについても、「プライバシー上、発言を控えさせていただいています」とのことだった。

   大渕弁護士も、予定が立て込んでいてすぐに取材に応じられないと事務所スタッフが答えた。本人からは、竹田氏との件については、何も聞いていないという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中