「AKB公式ライバル」乃木坂46の勢いが止まらない SKE、NMBのCD売り上げ抜いた!

印刷

   「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ「乃木坂46」が、ご本尊のAKBを本当に倒す日が近付いているかもしれない。

   新曲「気づいたら片想い」の初日売り上げ枚数が、AKB姉妹グループのSKE48、NMB48の新曲の初日売り上げ枚数をついに抜き去ったのだ。ファンは「乃木坂の時代が来た!」と大喜びしている。

初日で38.7万枚売り上げ、自己最高を更新

乃木坂46(13年7月撮影)
乃木坂46(13年7月撮影)

   「気づいたら片想い」は2014年4月2日発売で、前日の1日から流通していた。

   初日の売り上げ枚数は38.7万枚で、4月1日付のオリコンシングルデイリーランキングで初登場1位を獲得。13年11月発売の前作「バレッタ」の初日34.7万枚を4万枚も上回り、グループ最高記録を更新した。

   乃木坂は12年2月のデビュー以降、いわゆる「48グループ」には売り上げで差を付けられてきた。デビュー曲「ぐるぐるカーテン」は初日8.5万枚で、同時期に発売されたAKB48の「GIVE ME FIVE!」の96.7万枚、SKE48の「片想いFinally」の28.5万枚、NMB48の「純情U-19」の28万枚と比べると寂しい数字だった。13年3月には5枚目のシングル「君の名は希望」を発売したが、同時期発売のHKT48のデビューシングル「スキ!スキ!スキップ」の初日売り上げ枚数にも1000枚ほど足りなかった。

「ガールズルール」から売り上げが激増した

   そんな乃木坂が売り上げ枚数をぐっと伸ばしたのが、13年7月発売の6枚目のシングル「ガールズルール」からだ。初日売り上げは28.6万枚で、「君の名は~」を8万枚以上も上回った。1年半近く生駒里奈さん(18)の定位置となっていたグループのセンターが、この曲で白石麻衣さん(21)に突然変わってしまったという話題性などでグループの知名度が一気に上昇し、売り上げに影響したとみられる。

   13年11月発売の次作「バレッタ」も初日34.7万枚と売り上げを伸ばし、NMBの13年10月発売のシングル「カモネギックス」の初日売り上げを8万枚近く上回り、ついに「先輩の48グループ」を抜いた。

   そして今回の「気づいたら片想い」が、SKEが14年3月に発売した「未来とは?」の27.4万枚、NMBが14年3月に発売した「高嶺の林檎」の36.9万枚を上回った。「上にはもうAKBしかいない」という状況になったのだ。

   この結果に乃木坂ファンは大喜び。ネット上では、「乃木坂大勝利!」「乃木坂の時代来たる」「この調子でどんどん売り上げを伸ばしていくぞ!」などと書き込まれ、盛り上がっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中