ユニクロ、オリジナルTシャツ作成アプリ「UTme!」規約変更 「著作権を無償で譲渡」から「著作権はユーザーに帰属」に

印刷

   オリジナルデザインのTシャツが作れるユニクロのスマートフォン向けアプリ「UTme!」(2014年5月19日リリース)が、利用規約で

「ユーザーは、投稿データについて、その著作物に関する全ての権利を、投稿その他送信時に、当社に対し、無償で譲渡します」
「ユーザーは、当社及び当社から権利を承継しまたは許諾された者に対して著作者人格権を行使しないことに同意するものとします」
「ユーザーは、当社が実施する各種キャンペーン等に投稿データが使用されることに同意するものとします」

と定めたことに対し、「クリエイターが気軽にオリジナルTシャツを作ったら、著作権がユニクロの物になってしまい危険だ」などと批判の声が上がっていた問題で、ユニクロは14年5月21日までに、該当の規約を以下の通り変更した。

「投稿データの著作権はユーザーに帰属します」
「当社は、投稿データについて、本サービスの円滑な提供、当社システムの構築・改良・メンテナンス等に必要な範囲内で、変更その他の改変を行うことができるものとします」
「ユーザーのうち、シェアボタンを選択あるいは投稿データの共有をご了承いただいた方は、UTme!サイト、当社ウェブサイト及び当社が実施する各種キャンペーン等に投稿データが使用されること及び当社に対して著作者人格権を行使しないことに同意するものとします」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中