「安重根映画」中韓合作で制作進行中 監督は張芸謀、主役に韓流スターか

印刷

   1909年に伊藤博文を暗殺し、翌年処刑された安重根の映画化が中国と韓国の合作として進んでいる。歴史認識を巡って日本と対立する中韓両国が、政治だけでなく文化の面でも共闘する図式だ。

   映画制作には、中国の習近平指導部の大物が全面支援を約束。世界的な映画監督や有名俳優にオファーするなど「国家プロジェクト」の様相を呈している。

中国映画に出演経験あるクォン・サンウが安重根役

韓流スターに安重根役がオファーされた
韓流スターに安重根役がオファーされた

   「安重根映画」については中韓の主要メディアが報じている。中国紙「環球時報」電子版は2014年7月29日、監督に中国の張芸謀(チャン・イーモウ)氏が、また安重根の役を韓国の俳優クォン・サンウさんがそれぞれ務めることになりそうだと報じた。タイトルは「撃斃 撃斃」になるという。

   張氏は中国を代表する映画監督で、「紅いコーリャン」「紅夢」「HERO」など日本でも知られている作品が多い。数々の権威ある映画賞を受賞し、2008年の北京五輪開会式では総合演出を任された大物だ。また、クォンさんはいわゆる「韓流スター」のひとりで、人気映画やドラマに数多く出演。何度も来日しており、日本でテレビCMに登場したこともある。こうした「日本でおなじみ」のふたりが、映画の主軸となるようだ。

   韓国の主要紙「東亜日報」電子版も7月30日、このニュースを報じた。クォンさんの事務所は、「先週、正式に出演依頼が届いた。現在、シナリオの検討を終えた段階。意義ある作品なので前向きに考えたい」とコメントしている。クォンさんはこれまでに中国、香港映画の出演経験がある。2012年の「7日間の恋人」に続いて2013年には「ライジング・ドラゴン」でジャッキー・チェンさんと共演し、中国語のせりふにも挑戦したという。

   ただ今回の映画は、エンターテインメントというよりは政治的なにおいが強い。中韓どちらが映画化を持ち出したかははっきりしないが、今年3月には相当具体的な話が進んでいたようだ。複数のメディアによると、脚本は安重根研究の第一人者である韓国の大学教授が務め、またこの時点で張監督へのオファーが固まっていたとみられる。

   中国政府も全面バックアップ。習近平政権の最高指導部で序列5位の劉雲山氏は、中韓両国が共同で映画制作を進められるように積極的に支援するとの立場を明らかにしたという。

中国最高指導部の序列5位が協力を確約

   韓国紙「中央日報」日本語電子版の7月25日付記事では、劉氏が韓国の議員団や、安重根映画の実現で中心的役割を担う「中韓親善協会」会長と会談した際に、中国指導部としては初めて正式に支援を約束したとなっている。劉氏は2002年から党中央の宣伝部長を務め、対外宣伝活動を担った。現指導部でも「事実上、習近平国家主席に次いで権力を持つ」(中央日報)超大物。このような人物が協力を確約したことで、映画化は「国家事業」とも言える一大プロジェクトとなるだろう。

   安重根を巡っては2014年1月19日、中国黒竜江省ハルビン駅に「記念館」が開館した。韓国の朴槿恵大統領が中国を訪問した際、習主席に要望したことがきっかけとなり設置された。日本に対して「正しい歴史認識」を突き付けて足並みをそろえる中韓が、記念館に続いて今度は映画でアピールを強める。一方、日本政府は「安重根はテロリストであり、犯罪者」との立場を崩さない。

   大物監督や有名俳優陣を続々と起用して制作される「安重根映画」が、いまだに修復の兆しが見えない日中、日韓関係の亀裂をますます深くすることになるかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中