やっぱり「神の子、不思議な子」 強運マー君、手術回避で新人王に望みつなぐ

印刷

   右腕手術か、と心配されたヤンキースの田中将大が2014年8月4日、キャッチボールを再開し、とりあえず最悪の事態を回避した。

   9月に復帰できれば、苦戦中の名門チームの救世主となることも可能だ。自らの新人王にも望みが出てきた。

マーくんの右ひじ、メス入れず復活

   ボールを握ったのはおよそ4週間ぶり。ヤンキースタジアムで首脳陣の見守るなか、5メートルの距離から投げ始めた。徐々に距離を伸ばし、バッテリー間をしのぐ20メートルを投げた。

「ヒジが大丈夫だったので投げた。恐怖心はなかった」

   田中は久しぶりの笑顔を見せながら語り、さすがにホッとした表情を見せた。

   右ヒジの違和感を訴えたのは7月8日、インディアンス戦に投げた後。ニューヨークに戻り検査を受け、さらにシアトルに移動して精密検査。その結果、翌9日付けで故障者リストに入った。

「手術もありうる」

   球団の見通しは決して明るくなかったが、手術を行わず、カムバックする方法を第一に考え、そのプログラムに沿って調整してきた。メスを入れてしまうと、今シーズンはおろか来シーズンの登板も危うい。

   日本の投手は最近、大リーグ行きの夢を果たした代償として手術をするケースが多い。松坂大輔、和田毅、藤川球児らだ。

「なにしろ初めてのことなので、どうなるか分からない」

   田中の不安は尋常ではなかった。おそらく手術を覚悟していたことだろう。それだけに手術なしでのキャッチボール再開は最高の結果だった。

マーくんと松井裕、「運」で分かれた勝負の世界

   それにしても田中は強運の持ち主だと思う。ジラルディ監督も「厳しい状況」とエースの今季を不可能とみていたのに、いわば無傷で戦列に復帰する予定が組める状態になった。その運の強さに驚くばかりである。

「マーくん、神の子、不思議な子」

   こう田中を評した楽天時代の野村監督の言葉を思い出す。ルーキー時代から負け投手になるかと思うと、打線が奮起して同点、あるいは勝ち越ししてしまう。何度もそのようなことが重なり、監督の口からついそんな感想が漏れた。

   たしかに、24勝無敗の昨シーズンもそうだった。バックの援護で何度か敗戦を免れ、一転して勝ち投手になったことがある。

   対照的に「運がないな」と思わざるをえないのが、ポスト田中と期待されたドラフト1位のルーキー松井裕だ。この6日のロッテ戦で先発、勝利投手の権利を持って交代したのだが、リリーフ陣が、5点差をつけていた9回裏になんと6点を取られて大逆転負け。先発初勝利が消えてしまった。その以前にも同じような状況にありながら勝てなかった。

   田中の運の強さの反動を松井裕が背負っている感じなのだ。その反映か、田中のいた昨年は日本一なのに対し、今季は最下位を独走中。勝負の世界なので、選手たちはそういう運、不運に敏感である。

   田中はチーム最多の12勝を残して戦列を離れた。ヤンキースは今のままではポストシーズン進出は厳しい。田中は復帰した場合、3試合ぐらいしか登板できないだろう。ただその試合に勝って15勝に到達すればア・リーグ新人王の可能性が出てくる。

   161億円男の、「復帰後」に期待が高まる。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中