田中聖、弱った野鳥を助けたと告白 「勝手なことした」と謝るも、ネットは賞賛の声

印刷

   元KAT-TUNのタレント田中聖さん(28)が、弱っていた野鳥を助けたことをツイッターで報告した。ネット上では、賞賛の声が相次いでいるが、本人は、よくないことだったのかと、複雑な心境を告白している。

   右手の指先には、黒っぽい羽根に白も混じった小鳥がちょこんと乗っている。その下には、アスファルトの道路横にある側溝が見える。

「助けたのはよくない事だったみたい…」

野鳥保護を告白したツイート
野鳥保護を告白したツイート

   こんな写真を付けて、田中聖さんは2014年8月17日、野鳥保護のことをツイートした。

   それによると、田中さんは、側溝の中で濡れて動けなくなっている野鳥を見つけ、ケガはなかったものの、とりあえず保護した。その体を軽く拭いて、段ボールの中に入れ、お湯を入れてタオルで包んだペットボトルを即席湯たんぽにして体を温めた。野鳥を保護できたことがうれしいようで、「元気になったら水と餌上げて野生に返すんだ♪」とつぶやいていた。

   翌18日には、元気になったもののまだ飛ぶことができず、自分では分からないため、獣医へ連れて行くと明かした。

   その後、戸惑ったような様子で、こんな気持ちを吐露した。

「んー… なんか死んじゃったらそれを他の動物が食べてっていう自然の摂理があるからとかそういうのであまり助けたのはよくない事だったみたい…」

   ツイッターで保護を報告したため、だれかから指摘を受けたらしい。田中さんは、「そういうルール何も知らなかった」とし、「勝手な事をしてしまってゴメンなさい」と謝罪した。獣医からは、水をあげて体力が回復したら野鳥を自然に放すと言われたとも釈明した。

   とはいえ、弱っているのに助けてはダメというのは釈然としないとも言っている。「アスファルトの端の側溝っていう人間が作った物の中で危険な目にあってたら自然の摂理になるのかな…」。こう漏らし、「今後絶対しないって約束が出来ない」「余計な事したって感じの言い回しがしっくりこなくてモヤモヤする」と訴えている。

環境省「良し悪しは一概には言えない」

   田中聖さんは、ルール違反を重ねたとして2013年9月末付でジャニーズ事務所から契約を解除された経緯がある。しかし、ネット上では、今回については、本人の告白とは裏腹に、その行為を素直に賞賛する声が多い。

「優しい人なんだなーって思った」「批判する人がいるのがびっくり」「普通に『いいとこあるじゃん♪』て思ったけど」

   こんな書き込みが相次いでいるのだ。

   鳥獣保護法の第8条では、鳥獣は捕獲してはならないと規定してある。環境省の鳥獣保護業務室でも、「野生のままで生きてもらうのが基本」だとする。しかし、ケガをして動けないときは、一時的に保護することはあると話す。

   各都道府県のホームページを見ると、交通事故に遭ったりするなど人為的な原因でケガをしたときは保護が必要としているところが多い。また、日本野鳥の会のホームページでは、大量出血や骨折、意識がないときなら、保護すべきだとしている。

   環境省では、特別な基準は設けていないといい、都道府県が自らの裁量で保護すべきかどうか決めていると説明した。野鳥の会から意見も聞くことも多いのではないかという。

   田中さんのケースについては、野鳥にケガはないようだが、環境省の担当者は「状況が分かりませんので、助けたのが良かったのか悪かったのか一概に言うのは難しい」と言っている。

   もし助けることになったら、暴れてケガをしたり、感染症の危険があったりするため、手袋をするのがいいと、都道府県のホームページなどで紹介されている。田中さんが付けた写真では、素手に野鳥を載せており、環境省の担当者は、「保護するときは、まず行政に相談してほしい」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中