3試合連続アーチ、西武の超ド級ルーキー森友哉 「甲子園の申し子」非凡な打撃センスの秘密

印刷

   真夏の暑さを吹き飛ばすようなフレッシュな話題。西武のルーキー森友哉が2014年8月16日、新人として46年ぶりとなる3試合連続ホームランを放ち、おとなしいプロ野球にカツを入れた。

大阪桐蔭時代に阪神・藤浪とバッテリー

「西武の森です」

   初めてお立ち台に立った森は、人なつこい丸い顔に笑みを浮かべながら第一声を発した。新人らしい姿勢にスタンドから好感の拍手が起こった。

   15日の日本ハム戦。この日は指名打者として先発出場した。打撃の良さを買われての出番だ。左打席に立ち、2回一死からメンドーサの高め、145キロの速球を捕らえ、西武ドームの右中間へたたき込んだ。

   前夜に続く連続ホームランである。高卒ルーキーの2打席連続アーチは、あのゴジラ松井が巨人時代に記録して以来だった。

「まぐれですよ。でも唯一の取り柄は打つことです」

   実は、この一発で多くのファンは、「ああ、あの森か」と思い出した。

   2年前の12年、大阪桐蔭の2年生捕手としてエース藤浪晋太郎(阪神)とバッテリーを組み、甲子園大会で春夏連覇を達成。打っても1番打者として強烈な先制パンチを浴びせた。

   昨年は主将としてチームを引っ張った。春の選抜大会で「春夏春」の3季連続優勝、夏の選手権での2年連続優勝は成らなかったが、ドラフト1位で西武に入団した。その森である。

   14日にはプロ8打席目で初本塁打を放ったが、さほど騒がれなかった。

小柄な体で三方に打ち分ける

   ただ者ではないことは16日の同じ日本ハム戦で見せつけた。1点を追う延長10回一死に代打で打席に。日本ハムのクローザー増井の2球目を、なんとバックスクリーンへ運んだ。同点としてチームの敗戦を救い、引き分けに持ち込んだ。

「(増井は)球の速い投手と聞いていたので、ストレートに合わせ、思い切り振った」

   これで3試合連続本塁打である。高卒新人の3試合連続は1953年の西鉄豊田、68年の中日江島以来で、46年ぶりの快挙だった。

   新記録に期待がかかった。17日は四球。連続試合記録はルールで継続となった。18日は三振して途絶えたが、甲子園のヒーローが甲子園の季節に突如として現れ、久しぶりの新鮮な話題に球界は盛り上がった。

   森の3本のホームランを振り返ってみると、その非凡さが分かる。

   ▽ 1号=左翼スタンド

   ▽ 2号=右中間スタンド

   ▽ 3号=中堅スタンド

   見事に打ち分けている。ホームラン打者でもこのように3本を三方へは打てない。170センチの小柄な体を考えると、そのパンチ力のすさまじさに驚く。スイングの鋭さがその秘密である。

「打てる捕手として頑張りたい」

   森の明るさはチームに影響を与え、これといった話題のないプロ野球にカツを入れたといっていい。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中