元祖「持ってる男」ドカベン香川 甲子園のヒーローは波乱万丈の人生を送った

印刷

   プロ野球界の「ドカベン」として人気を集めたことで知られた香川伸行さんが亡くなった。2014年9月26日のことで、死因は心不全。52歳だった。

   明るいキャラクターからはうかがい知れない激動の人生だった。

プロ初打席で場外ホームランかっ飛ばす

甲子園では3試合連続ホームランを放った
甲子園では3試合連続ホームランを放った

   香川という名前より「ドカベン」といえば、すぐ顔を思い浮かべる個性的な野球選手だった。この呼び名は漫画の主人公にダブらせたもので、漫画に合わせて出現したような、珍しいヒーローといえた。

   彼が一躍注目されたのは浪商(現大体大浪商)時代。1979年のことだった。春のセンバツで強打を見せ、準優勝。夏の選手権にも出場、ベスト4で敗れたものの、3試合連続ホームランを記録。「甲子園のヒーロー」となった。このときのエースは中日などで活躍した牛島和彦。

   香川は捕手としてより、甲子園での長打力がプロ野球からマークされた。それに、体型と童顔が醸し出すアイドル性もプロ向きと話題となった。ドラフト2位で南海(現ソフトバンク)入り。80年のデビューは初打席ホームラン。それも場外へかっ飛ばす強烈なものだった。今でいう「持ってる男」である。

   83年には105試合にマスクをかぶり、規定打席不足ながら打率3割1分3厘、15本塁打を放ち、ベストナイン(記者投票)に選ばれた。これは異例なことなのだが、将来を期待されての受賞で、メディアにかわいがられていた証拠だった。

27歳の若さでユニホームを脱ぐ

   子供ファンに絶対の人気を誇った香川は結局、体調管理に失敗して選手寿命を縮めた。とりわけ体重は身長170センチほどなのに100キロを超えた。捕手としてはプレーできない状態に陥った。

   「お人好しで友人らから食事に誘われると断れない。それが重なって太った」との声もあるほどで、理由はなんであれ太りすぎが選手生命を脅かしたことは事実だった。実働10年で現役引退。通算714試合、460安打、78本塁打。このとき27歳の若さだった。

   ユニホームを脱いだ後は苦難との背中合わせだった。離婚、事業失敗、腎不全による透析...。野球学校や社会人チームに携わったものの、いつも中途半端に終わった。体調が足を引っ張ったと見る人は多い。

   香川は高校球界の名門、浪商の「最後の誇り」といえた。ある時期まで高校球界で大阪といえば浪商――だった。PL学園らが台頭するまで黄金時代を築いた。夏、春とも2度ずつ優勝。先輩にはプロ野球唯一の3000安打を放ち、テレビで「カツ、アッパレ」で人気の張本勲、巨人V9の一員で現DeNAのGM高田繁らがいる。浪商として最後の甲子園に出場したのが香川たちだ。

   甲子園に出てきたときの明るさと話題の選手になったころのことを振り返ると、プロ野球を挟んで、その後の一社会人としての人生には、あまりにも落差があるので驚く。「記憶に残る選手」の典型だろう。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中