泣かせる「芸人の美談」はウソばかり 江頭、ダウンタウン、たけしも全否定

印刷

   インターネット上にはお笑い芸人の「美談」がいくつも転がっている。ほとんどが出所不明にもかかわらず、FacebookなどのSNSで「感動した!」「いい話だ...」とシェアされ、拡散し続けている。

   最近ではその真偽を芸人自ら語る機会も増え、完全否定されたものも少なくない。このほど放送されたテレビ番組では新たに2つのエピソードが「デマ認定」された。

江頭を悩ます「車いす少女との心温まる交流」

芸人の美談、Facebookでも話題になるが...
芸人の美談、Facebookでも話題になるが...

   美談ネタを取り上げたのは、2014年10月29日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)だ。プレゼンターとして登場したカンニング竹山さん(43)が「ネットに転がる芸能人のイイ話ほぼほぼデマ説」を掲げ、実際に何人かの芸人に真偽を確かめたというVTRが放送された。

   そこで完全なるデマと判明した1つが、江頭2:50さん(49)の次のエピソードだ。

   江頭さんがとある公園でロケをしていると、公園に隣接した病院から抜け出してきた車いすの少女がその様子をじっと見ていた。ロケが終わった江頭さんに「つまらない」「全然面白くない」と言う少女に、江頭さんは「お前が笑うまで毎日ここでネタを見せてやろうか!」と告げた。それから毎日、仕事の合間をぬっては公園に足を運んでネタを披露し続けたが、少女は全く笑わなかった。

   1か月が過ぎたある日、少女が突然来なくなった。そして1週間後にふと現れ、ネタを見せると初めて少しだけ笑った。翌日も公園に来なかったため、江頭さんは病院に行って看護師に尋ねた。そこで、少女の容態が1週間前に悪化し、現在昏睡状態であることを知った。看護師から手渡された少女の日記には「だいすきなげいにん えがしらさん」と書かれていた。

   それから10年経った今でも、江頭さんは月に一度はその公園を訪れて花をたむけ、天国の少女に向けて1人でネタを披露している...というものだ。ベタな「お涙ちょうだい」ドラマの筋書きのようだが、Facebookを中心に「泣けるわ...この話」「江頭いい人...」などと多くの反響を呼んでいる。

   しかし江頭さんは番組内で「嘘に決まってるでしょ!俺を潰す気か。いい人キャラにするんじゃないよ」と全否定。この話が広まったことで「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)からオファーが来たことも明かし、「俺じゃないっつーんだよ。毎日ネタやるってさ、俺そんなに暇じゃないんだよ」と困り果てた様子だった。

「お前が死んだら泣く事しかできない」も真っ赤なウソ

   実は江頭さん、13年4月にもインターネット番組中でこの話を否定していた。ところが「江頭さん自身は『イメージが狂うから』と、この話を否定しているらしいですが本当の話です」などとして、逆に受け取られてしまっていた。今回も同じになる可能性がありそうだ。

   もう1つは「ダウンタウン」の2人のコンビ愛にまつわるエピソードだ。

   90年代に放送されていた人気番組「ダウンタウンのごっつええ感じ」のコント収録に臨んでいた松本人志さん(51)は、多忙による疲労もあり、セットから落下してしまう。頭を強打して意識を失い、病院に運ばれた。相方の浜田雅功さん(51)は自身がMCを務める特番を控えていたが、スタッフから事情を聞くと、共演者全員に頭を下げ収録をキャンセル。病院へ駆けつけた。

「あほ!お前が死んだらどうすんねん!お前は俺が死んでも笑いに変えられる力があるかもしれんけど、俺はお前が死んだら泣く事しかできひんねんぞ」

と、ベッドで眠る松本さんに熱い思いを叫んだ。すると、眠っていると思われた松本さんが、

「あほか...俺も他のやつやったら笑いに替えられるかもしれへんけど、お前が死んだら泣くしかできひんわ」

と返したという。

   これに松本さんは「全くないですね!セットから落ちたこともないし、意識を失ったこともないし、何もない」と一切を否定。「心の中では思ってる?」という質問にすら「全くない(笑)」と答えた。

感動しても即「いいね!」は危険

   拡散する側にしてみれば、たとえ嘘であっても良い話であれば問題ないと思うのだろう。だが、嘘の美談で困っている芸人もいる。

   プレゼンター役だった竹山さんもその一人だ。相方の中島忠幸さんが亡くなった2006年以降も芸名に「カンニング」を付けているのは中島さんの家族にもギャラを送るため、という話についてラジオやツイッター上で「全くのデマ」と明言している。番組中では「脱税しているのではないかと税務署が動き出していた」と、否定せざるを得ない状況になっていたことも明かした。

   ビートたけしさん(67)と志村けんさん(64)というビッグネーム同士の美談もあった。1986年の「フライデー事件」後、仕事を干されたたけし軍団の面倒を志村さんが見ていたというもので、一時期Facebook上で広まった。だが、たけしさんの事務所はJ-CASTニュースの取材に対し「噂にしても作り話にしても稚拙すぎて、リアリティーの欠片もない」と全否定し、「業務妨害で訴えたいほど」とまで話していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中