電気グルーヴの「事務所潰した1曲」は「ウソ」 テレビ発言報じられ、石野卓球がネタばらし

印刷

   人気テクノユニット「電気グルーヴ」が2014年11月3日放送の「MUSIC JAPAN」(NHK総合)に出演し、とあるシングルの売り上げ不振によって当時の所属事務所がなくなったと話す一幕があった。

   2人なりの自虐ネタだったようだが、一部ネットニュースが真面目に報じたため、石野卓球さんはツイッターで「ウソなのに」とネタばらしすることとなった。

卓球「本当に事務所なくなった」瀧「事務所をつぶす1曲」

卓球さん、ネットニュースをみて「ウソなのに」(画像は電気グルーヴ公式サイトのスクリーンショット)
卓球さん、ネットニュースをみて「ウソなのに」(画像は電気グルーヴ公式サイトのスクリーンショット)

   「電気グルーヴ」は1989年に石野卓球さん(46)とピエール瀧さん(47)が中心となり結成、91年のアルバム「FLASH PAPA」でメジャーデビューを果たした。97年のシングル「Shangri-La」やアルバム「A」は国内約50万枚の売り上げを記録。独自のサウンドと世界観でファンを獲得し、日本のテクノシーンをリードしてきた。

   3日の「MUSIC JAPAN」では「電グル25周年いろいろあったねスペシャル!」と題し、今年で結成25周年を迎えた2人とともに、質問を通じて過去のエピソードを振り返る企画が行われた。

   問題の事務所話が出たのは「これまで出した曲の中でお気に入りベスト1」という質問の時だった。ここで卓球さんは、99年に出した10枚目のシングル「FLASHBACK DISCO」を挙げた。

   元メンバー「まりん」こと砂原良徳さんが脱退して現在の2人で活動することになってから初めて出したシングルCDだ。しかし事務所側の反応はいいものではなかったらしく、当時所属していた事務所の社長から「オイ、この事務所終わるぞ!」「こんなもんが売れるかっ!」などと猛反対されたそうだ。

   それを聞いたユースケさんは「でも出したら、これがもうすさまじいスマッシュヒットをね...」と持ち上げたが、卓球さんは「いやいやいや、『Shanguri-La』の後でズドーンと売り上げが落ちて」と話し、「本当に事務所がなくなった」と発言。すると瀧さんも「事務所をつぶす1曲ですよ、本当に」とかぶせ、会場からは笑い声があがった。

   「Shanguri-La」(8枚目シングル)はオリコンランキング10位となった大ヒット曲で、オリコンがまとめている電気グルーヴ全シングルの売上ランクでも堂々の1位を誇っている。とはいえ、「FLASHBACK DISCO」もオリコンランク35位、売上ランク9位と悪いわけではない。むしろ、その前に出した「ポケット カウボーイ」のほうが売り上げは下回っている。

   思うように振るわなかったということは事実であっても、この1曲が原因で「事務所がなくなった」というのは、大げさだろう。

ファンら「記者、マジメか」「電グルのトーク8割方嘘」

   ところが、こうしたやりとりをライブドアニュースが「電気グルーヴの石野卓球が"事務所をつぶした曲"を暴露 『本当に事務所がなくなった』」として記事にした。すると卓球さんは3日、記事のURLとともに「こんなもんニュースになるんだね。ウソなのに」とツイート。ネタであることを明かした。

   2人のこうした発言はファンにはおなじみで、インターネット上には卓球さんのネタばらしを受け、

「卓球だから仕方ない」
「卓球のキャラわかってたら記事にするはずないのに。記者、マジメか」
「電グルのトーク8割方嘘なんだけどな」
「こういうしょーもない誰も傷付かないバカをやらかすから本当すき」

といったファンからの声が続々寄せられている。

   ちなみに電気グルーヴのネタといえば、2013年3月の全国ツアー中にツイッター上を駆け巡った2つの「デマ」が記憶に新しい。会場のファンたちが「共犯」となり、1日目には「電気グルーヴのライブに来たけど客が3人しか来てない...」という内容を、2日目には「今日のライブは最高だった。ただ、残念なのは瀧が2曲目で死んだところ」という情報をツイッター上に続々と流したのだ。

   だが「瀧死亡説」に関するツイートが「Togetter」上で「訃報:ピエール瀧さん45歳=電気グルーヴ ライブ2曲目にステージより落下」というタイトルでまとめられると、瀧さんは後日ラジオで「読んだ人が、その文面からギャグだって読み取れない」と指摘した上で、

「いやー、センスの無いやつに舵を渡すとエライ目に合うっていう見本ですよ。ギャグセンスの無いやつに」

と苦笑していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中