スポーツ各紙「アギーレ降ろし」大合唱 スペイン検察の八百長疑惑告発で加速

印刷

   「八百長」「前代未聞」「解任」「辞任勧告」――。八百長疑惑に揺れるサッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督が2014年12月15日にスペイン検察から告発されると、翌日のスポーツ各紙1面には扇動的な言葉が躍った。

   9月末にスペインメディアで八百長が調査されていると報じられて以来、騒動をフォローしてきたスポーツ紙は、日本サッカー界にとって前代未聞のスキャンダル報道をさらにヒートアップさせている。

「解任」「解雇」「辞任勧告」という言葉が並ぶ

スポーツ各紙は「八百長」「解任」と書き立てる
スポーツ各紙は「八百長」「解任」と書き立てる

   スペイン1部リーグ、サラゴサ監督時代の八百長疑惑をめぐって検察から告発される数時間前、15年1月にオーストラリアで開催されるアジアカップのメンバー発表のため、アギーレ氏は都内で行われた記者会見に出席していた。

   会見でアギーレ監督は連覇に向けた23人を発表し、「日本は優勝候補であり、主役だと認識している」「日本が保持するアジアのタイトルを防衛したい」と強気に語る。質問が八百長疑惑に及んでも「私は競技の面だけに集中して臨みたい」とかわしていた。スポーツ紙も会見の様子を伝える記事では八百長問題にはほとんど触れることはなく、23人への期待などを書いていた。

   しかし、告発されたことが明らかになると報道は一変。「アギーレ降ろし」とも言える動きが加速した。

   サンケイスポーツは「八百長で告発!!アギーレ監督解任危機」と見出しをつけて紹介。スペイン当局の捜査が進み、裁判所への出廷もありうるとした。アジア杯については「指揮できない事態もありえる状況。監督代行の起用や、最悪の場合、解任もある危機に直面した」と書く。日刊スポーツも「日本代表は指揮官が異常事態に陥ったままアジア杯に臨む」とするなど、各紙には「解任」「有罪なら解雇」「辞任勧告」という言葉が並んだ。

手倉森誠氏の内部昇格が有力?

   各紙によると、告発によって捜査は本格化するものの、裁判所から出頭が求められるのは15年2月以降だとしている。協会も「協会に連絡はない。コメントのしようがない」としており、現段階で解任に言及はしていない。

   しかし、スポーツ各紙は解任に積極的だ。サンスポは「火種を抱えたままでは、日本代表のイメージにも傷がつくことになる」と厳しく指摘。スポーツニッポンも1面で「裁判の結果を待って黒だったら手遅れになる。日本協会は、来年1月のアジア杯前にも決断を下すべきではないか」と論評した。いずれも有罪ではなくとも、告発された事実をもって協会はアギーレ氏を解任すべきというトーンだ。

   また、これまでもうわさされてきた後任人事をめぐる報道も盛り上がりを見せている。すでに名前が挙がっている元鹿島監督のオリベイラ氏や前名古屋監督のストイコビッチ氏のほか、岡田武史氏やザッケローニ氏ら代表監督経験者も取りざたされた。サンスポや東京スポーツはU-21代表監督の手倉森誠氏の内部昇格が有力だとしている。

   ネットでも後任監督探しが盛り上がり、告発前は少なからずあった「アギーレ続投」を望む声はほとんど見られなくなっている。

   一方、今のところ一般紙のスポーツ面は、スペイン当局の動きを淡々と伝えるにとどまっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中