三井住友が狙う富裕層向けビジネス拡大 シティバンク個人向け事業買収ではずみ?

印刷

   米金融大手シティグループの日本法人、シティバンク銀行の個人向け事業の売却先が三井住友銀行に決まった。富裕層向けビジネスの拡大を目指す三井住友銀にとって、買収決定は大きな「クリスマスプレゼント」となったが、慢性的な赤字だった同事業を立て直せるのか、成否が注目されている。

   「質の高い顧客基盤の拡充や、豊富な外貨調達がメリット」。三井住友銀の車谷暢昭・取締役専務執行役員は、シティバンクの個人部門買収を発表した2014年12月25日、記者団に対して狙いをこう語った。

三井住友銀は信託業務で他のメガバンクから遅れをとっていた

「クリスマスプレゼント」を有効活用できるか(画像は三井住友銀行のホームページ)
「クリスマスプレゼント」を有効活用できるか(画像は三井住友銀行のホームページ)

   シティバンクの個人部門の顧客数は約74万人、預金は2兆4400億円。顧客のうち約10万人は預金残高が1000万円を超えるとされる。三井住友銀は買収によって豊富な金融資産を持つ顧客基盤の拡大を狙う。また、預金のうち約1兆円がドル建てといい、三井住友銀は低利のドルを調達して海外融資に回せるメリットもある。

   超低金利で貸し出しの利ざやの縮小が続く中、大手行はいずれも、手数料収入が見込める富裕層向けビジネスを強化している。しかし、三井住友銀が信託業務で他のメガバンクから遅れをとっていたのは否めない。2013年、仏金融大手のソシエテ・ジェネラルから信託銀行を買収し、SMBC信託銀行に商号を変更、超富裕層の資産運用などのサービスを提供しているが、顧客は約1500人、預かり資産は約2700億円にとどまり、規模拡大が最大の課題だった。

   そこへ飛び込んできたのが、不採算の海外事業のリストラを迫られていたシティグループによるシティバンクの個人部門売却だった。三井住友銀は買収額を公表していないが、関係者によると450億円で「赤字事業の買収額としては破格」(大手行幹部)。個人部門の32店舗や従業員約1600人もすべて引き取り、SMBC信託銀に統合して一気に規模を拡大する。

グループ内の連携によって「早期黒字化を図る」

   しかし、シティバンクの個人部門は赤字体質とあって、買収を打診された他の大手行の多くは及び腰だったのも事実だ。SMBC信託銀は当面、シティのシステムを利用して、シティバンクが世界で展開するATM(現金自動受払機)での現金引き出しなどのサービスを継続する。その後も自前でシステムを構築し、サービスを提供し続けることで顧客離れを防ぐ考え。さらに、三井住友フィナンシャルグループ(FG)のSMBC日興証券がSMBC信託銀の顧客に資産運用商品を紹介するなど、グループ内の連携によってSMBC信託銀の「早期黒字化を図る」(車谷氏)という。

   ただ、SMBC信託銀が思惑通りにシティバンクの顧客を囲い込めるかは見通せない。SMBC信託銀の体制強化に刺激される形で、富裕層向けビジネスをめぐる金融機関の間の競争にも拍車がかかりそうだ。後発の三井住友が存在感を示せるのか注目される。三井住友銀が今回の買収を機にシティとの連携を深め、日系企業の海外決済などの分野でもシティとの提携を狙っているとの見立てもあり、金融業界は今回の買収劇の行方を注視している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中