中国と北朝鮮「血で固められた同盟」に「すきま風」 正恩氏、モスクワで「外交デビュー」へ

印刷

   「血で固められた同盟」だったはずの中国と北朝鮮の間に吹いている「すきま風」が、いよいよ激しくなりなりつつある。正恩氏の「外交デビュー」が、ロシアが開く第2次大戦勝利70周年の記念式典になりそうだからだ。

   中国は現時点では静観を装っているが、軍事的にも北朝鮮とロシアは結びつきを強めているようだ。

モスクワでプーチン大統領、習近平主席と「連続首脳会談」?

飛行戦闘訓練を視察する金正恩第1書記(労働新聞から)。初の外遊先はどこになるのか
飛行戦闘訓練を視察する金正恩第1書記(労働新聞から)。初の外遊先はどこになるのか

   ロシア国営のイタル・タス通信が2015年1月21日、ロシアのラブロフ外相の発言として伝えたところによると、ロシアが15年5月にモスクワで開く対独戦勝記念式典に正恩氏を招待したところ、北朝鮮側から「前向きな反応」があったという。

   仮に式典出席が実現した場合、正恩氏が12年に最高指導者に就任して以降、初めての海外訪問になる。ラブロフ外相によると、現時点で20か国からの出席が確認されており、その中に中国の習近平国家主席も含まれているという。

   正恩氏は、プーチン大統領、習近平主席と首脳会談を行ったことがない。モスクワでの式典出席の際、「連続首脳会談」が実現する可能性が出てきた。父親の正日氏が最高指導者として初の外遊で00年5月に北京を訪問し、江沢民国家主席(当時)と会談したのとは対照的だ。

   一連の動きについて、華春瑩・副報道局長は1月22日の会見で、

「中国とロシアは双方の合意に基づいて、第二次大戦勝利70周年をともに祝うことになっている。両国は、互いが行う各種活動に指導者が出席する段取りについて議論しているところだ。北朝鮮もロシアも、中国の友好的な隣国だ。両国は反ファシスト戦争の勝利に多大な犠牲を払って貢献しており、一緒に祝うに値する。このような北朝鮮とロシアの交流は、地域の安定と平和に寄与すると信じている」

などとして表面的には歓迎している。だが、翌23日の会見で中国側の行事の予定について聞かれた華氏は、

「時間や形式、招待する人の範囲を含めて、現時点で発表できることはない」

と答弁。正恩氏が北京を訪問する予定は白紙のようだ。

ロシアに特使送って最新鋭戦闘機の提供を要請?

   これに加えて、北朝鮮ロシアとの軍事的な結びつきも強まりつつあるようだ。

   14年11月には、正恩氏の最側近にあたる崔竜海・朝鮮労働党書記が特使としてロシアを訪問。韓国の中央日報によれば、崔氏はプーチン大統領との会談の席で、最新鋭戦闘機、スホイ35型戦闘機の提供を要請したという。韓国に比べて劣勢の空軍力を、ロシアの助けを借りながら強化する狙いがあるようだ。中央日報は、この情報を「軍関係者」の話として報じており、信ぴょう性は必ずしも明らかではない。ただ、タス通信もこのニュースを、中央日報を引用する形で報じており、ロシア側が関心を寄せていることがうかがえる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中