酒類大手4社の売上高、サントリーが初の首位

印刷

   酒類大手4社の2014年12月期連結決算が15年2月16日に出そろった。サントリーホールディングス(HD)は米ビーム社(現ビームサントリー)買収効果もあって、売上高が前期比20.3%増の2兆4552億円と過去最高を記録。10年連続の増収で、キリンホールディングス(HD)を抜いて初めて首位になった。2位に転落したキリンHDの売上高は2.6%減の2兆1957億円だった。

   サントリーHDは、米ビーム社の買収で、海外事業の売上高を前年比73%増の8875億円に拡大。高級ビール「ザ・プレミアム・モルツ」や第3のビール「金麦」の販売を伸ばしたほか、清涼飲料事業も好調だった。

   アサヒグループホールディングス(HD)は、高級ビール「ドライプレミアム」が好調。傘下のニッカウヰスキーの創業者をモデルにしたNHK朝の連続ドラマ「マッサン」効果でウイスキーの販売も伸び、営業利益は4年連続で過去最高を更新した。

   一方、売上高が2位に転落したキリンHDは、ビール類の販売が苦戦したことが響き、4社の中で唯一減収減益となった。サッポロホールディングス(HD)も「極ZERO(ゴクゼロ)」の酒税の追加納付が響き減益となり、4社の間で明暗が分かれた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中