スマホ出遅れ任天堂とDeNAがタッグ 「専用機へのこだわり」はどこに行く

印刷

   任天堂とディー・エヌ・エー(DeNA)が業務・資本提携することになった。これまで距離を置いていたスマートフォン向けゲームや、会員制サービスを共同開発する。強力タッグが、ゲーム業界に新風を巻き起こすことができるか、注目されそうだ。

   両社が2015年3月17日に発表した。それによると、それぞれ約220億円ずつ出資し、任天堂はDeNAの発行済み株式の1.24%、DeNAは任天堂の10%をそれぞれ取得する。これにより任天堂は、DeNA創業者の南場智子氏の13.1%(2014年9月末現在)に次ぐ大株主に浮上する。

  • 相乗効果を生み出せるのか・・・(画像はイメージ)
    相乗効果を生み出せるのか・・・(画像はイメージ)

柱の一つはスマホ向けゲームアプリの共同開発

   業務提携の柱は二つある。一つは、「マリオ」など任天堂のキャラクターを含む知的財産(IP)を活用した、スマホ向けゲームアプリの共同開発だ。任天堂は「マリオ」などに接する機会を増やし、ゲーム専用機への誘導も狙う。DeNAも「マリオ」などを活用し、主力のモバイルゲーム事業をグローバルに強化できる。

   もう一つは、任天堂のゲーム専用機だけにとどまらない、スマホやタブレット端末、パソコンに対応した基幹システムの構築だ。15年秋には、新たなシステムを利用した会員制サービスを始めたい考えだ。

   両社に共通するのは、スマホ向けサービスに出遅れていること。任天堂は1983年の「ファミリーコンピュータ」発売後、ハードとソフトを一体で販売するビジネスモデルを強みとしてきた。ただ近年は据え置き型の「Wii U」や携帯型の「ニンテンドー3DS」などの販売が低迷し、2014年3月期まで3期連続の連結営業赤字に陥っている。

スマホ向けゲームは新陳代謝が激しい

   一方、DeNAは従来型携帯電話向けの「モバゲー」で成長したが、より多機能なスマホ向けでは遅れをとった。スマホ向けでは、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの「パズル&ドラゴンズ」や、ミクシィ「モンスターストライク」の後塵を拝しており、2015年3月期の連結営業利益は前期比53.4%減の248億円にとどまる見通しだ。

   スマホ向けゲームは新陳代謝が激しく、陳腐化するのも早い。だが消費者の変化に対応するためには、両社ともスマホに注力せざるを得ないと判断したようだ。

   記者会見した任天堂の岩田聡社長によると、DeNAの守安功社長と初めて合ったのは2010年6月。「モバゲーに任天堂のIPを供給してもらえないか」と提案があったという。その後も継続的に話し合いを持ち、今回の提携に至った。

   「同じゲームを専用機からスマホ向けに移すだけは、客は満足しない」(岩田社長)ことから、まったく同じゲームは出さない予定。ゲーム開発は任天堂が主導し、ウェブサービスやサーバー運営などはDeNAの知見を生かす。任天堂は専用機へのこだわりを捨てたわけではなく、来年には新たな専用機を発表する計画だ。

   発表翌日の3月18日、東京株式市場では、両社株ともにストップ高水準まで買われた。投資家の期待感は大きいが、任天堂にとっては、専用機とスマホで、自社の顧客を奪い合うのではという懸念もある。本当に相乗効果を生み出せるかは未知数だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中