ひき逃げ車両も一発で特定? 警視庁が新システム導入

印刷

   ひき逃げなどの事件に役立てようと、警視庁は2015年4月2日、犯行に使われた車を特定する新システムを導入した。報道によると、全国の警察で初めて。

   このシステムには、自動車約2000台の特徴やタイヤの溝の形状などがデータベース化されており、事件が起きたとき、タイヤ痕や防犯カメラの映像などを入力するだけで車種などが特定できるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中