「政治に風穴空ける」と豪語も区長選で立候補ゼロ 家入一真代表「インターネッ党」どうなった?

印刷

   統一地方選を終え、1つの政治団体の名前がネット上で取りざたされている。実業家の家入一真さんが、2014年2月の東京都知事選の際に立ち上げた「インターネッ党」だ。

   同党は旗揚げ時に23区長選で候補者を擁立するとしていたが、今回の選挙戦で実際に立てた候補者はゼロ。「凝り固まった政治に風穴を開けていきます」と豪語していた「インターネッ党」はどうなってしまったのだろうか。

  • 14年6月以降目立った更新がない公式サイト
    14年6月以降目立った更新がない公式サイト

ホリエモンや堀潤らが賛同人

   「インターネッ党」は家入さんが5位に終わった都知事選の翌日、公式サイトを公開。第1回目のメルマガでは「これまでの政治に代弁されることのなかった人々の声を集め、カタチにしていくためのプラットフォーム」と説明していた。

   賛同者の顔ぶれはネットの有名人がそろう。家入さんのほか、「ホリエモン」こと堀江貴文さんやジャーナリストの堀潤さん、評論家の宇野常寛さんなどが名前を連ねた。音楽グループ「湘南乃風」の若旦那さんまで加わり多士済々だ。

   公式サイトは多くのリツイートやフェイスブックの「いいね!」を集め、朝日新聞が取り上げられるなどして、設立当初に大きな注目を集めていた。

   「インターネッ党」は3つの方針を掲げている。

(1)都知事選で掲げた120個の「ぼくらの政策」のうちできるものを勝手に実現していく
(2)未来を構想して、実行できるネットコミュニティを作るため、機関誌となるメルマガを発行する
(3)新しい東京に変えていくため2020年までに東京23区全ての区長選立候補者を擁立していく

   しかし現在のところ、いずれの活動方針も実現に向けて具体的にどういう動きがあったのかは分かっていない。

東浩紀「まだサイトがあったのか」

   すでに述べたように15年4月の11の区長選では、推薦候補はゼロ。「インターネッ党」立ち上げ後に行われた各区長選でも擁立は見送られた。練馬では立候補予定者1人がいたそうだが、交渉が難航し、資金面や人手不足などが原因で最終的には断念したという。そのほか杉並、品川区長選については、公式サイト上で特に説明は見当たらない。

   120個にも上る「ぼくらの政策」はその後、どうなったのか分からない。メルマガでは「だいたい2/3程度は何らかの形で民間でも実施できると考えています」とし、動き始めたプロジェクトもあると説明していたが、具体的にどういう作業が行われたのかは不明だ。

   比較的ハードルが低いとみられるメルマガの発行は、公式サイトを見る限り14年4月28日の投稿が最後だ。サイトの更新自体、同年6月17日の党の今後についての協議が延期された、という報告が以降は目立つものはない。

   最近の活動はどうなっているのか。J-CASTニュースは問い合わせのメールを送ったが、4月28日19時現在、回答はない。賛同者とされた人たちのツイッターでもここ最近、同党に関して言及はない。

   ツイッターには、

「宣言通りなら、区長選が最大の戦場になるはずだったんだな」
「区長選はどうなったのでしょうか」
「インターネッ党には躍進してほしい。賛同者さんも恥ずかしいよね」

と嘆くような声がつぶやかれている。

   作家の東浩紀さんは「まだサイトがあったのか」と書いている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中