志賀原発に「活断層」否定できず 1号機廃炉の可能性も 規制委有識者会合

印刷

   原子力規制委員会の有識者会合は2015年5月13日、北陸電力の志賀原子力発電所(石川県)1号機原子炉建屋、1、2号機タービン建屋の直下にある断層について、「活断層である可能性を否定できない」との見解で一致した。

   原発の新規制基準は、活断層の上に原子炉建屋などの重要施設を建設することを認めていない。規制委が最終的に活断層と認定すれば、1号機は廃炉を迫られる。2号機も再稼働が難しくなる。

   敷地内には8本の断層があり、このうち、1号機原子炉建屋の直下を通る「S-1」断層と、1、2号機のタービン建屋につながる冷却用配管の直下を通る「S-2」「S-6」断層が、活断層の可能性を指摘されている。一方、北陸電は活断層の存在を否定している。

   有識者会合は今後、評価書案を作成し、正式な結論をまとめる。原子炉建屋直下の断層について活断層の可能性を指摘する評価書が出れば、日本原子力発電の敦賀原発(福井県)2号機に続いて2例目となる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中