弥生時代の日本にバジルがあった? 邪馬台国の有力候補地で「花粉」見つかる

印刷

   邪馬台国の有力候補地とされる纒向(まきむく)遺跡(奈良県桜井市)で2015年5月22日までにバジルの花粉が見つかった、と奈良教育大の金原正明教授(環境考古学)らが発表した。

   花粉は1991年の発掘調査で、女王・卑弥呼の時代とも重なる3世紀中ごろの溝から検出された。以後、植物の特定は進んでいなかったが、金原教授らが現生のバジル花粉と比較し、判明した。

   バジルはインドや東南アジアなどが原産で日本に自生しておらず、中国大陸から持ち込まれたとみられる。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中