深刻バター不足が慢性化 背景には生乳の生産量の減少

印刷

   バター不足が深刻化している。生乳(搾ったままの牛乳)の生産者などでつくる業界団体「Jミルク」によると、2015年度のバターの生産量は6万4800トンで、需要量を7100トン不足する見通し。

   農林水産省は近く、不足分を補うための追加の緊急輸入を決定する方針で、バターの緊急輸入は2014年度に続き2度目になる。

  • 追加の緊急輸入! バター不足は深刻・・・
    追加の緊急輸入! バター不足は深刻・・・

国産バター、生産量が需要に追いつかず

   Jミルクが2015年5月25日に発表した「2015年度の生乳および牛乳乳製品の需給見通し」によると、15年度の国内バター生産量は14年度と比べて、5.2%増の6万4800トンと増加を予想。一方、需要量も0.9%増の7万4700トンを見込んでいる。

   バターを含む生乳製品の輸入は、国際的に1年ごとに輸入総量が決められている。農林水産省によると、「じつはバターの輸入は1年にたびたび行われています。ただ、輸入総量の範囲内で行っているもので、今回のような追加輸入は14年度に続き2度目になります」と説明する。

   農水省は、2014年度は5月に7000トンの追加の緊急輸入を決定。バターの不足を、13年度の生産量の約2割に相当する、年間1万3000トンの輸入でまかなった。2015年度も、2800トンの輸入(総量)をすでに決めているが、Jミルクの試算では、その分を加えても需要量が生産量を7100トン上回るとみている。

   14年度と同様、ケーキの需要が集中するクリスマス・シーズンを中心に不足が見込まれるという。

   これを受けて、林芳正農相は5月26日の閣議後の記者会見で、2014年度に続き15年度もバター不足が懸念されるとして、「安定供給に支障が生じないよう、十分な量の追加輸入をする方向で、最終的な調整を行う」と表明。近く、バターの緊急輸入の具体的な量や輸入の時期などを決める考えを示した。

   国が輸入するバターは、主に品質保持の期限が長い業務用バターになる。農水省は「輸入バターを業務用に回すことで、国産の生乳を家庭用バターに振り向けやすくして、バターの安定的な供給につなげていきます」と話している。

生産量増えても、バターにはなかなか回らない?

   一方、国産バターの原料となる生乳の生産量をみると、2014年度は13年度と比べて1.7%減の706万6870トンだった(中央酪農会議が2015年4月15日に公表、沖縄県を除く)。

   生乳は腐敗しやすいため、まず最も生鮮性が求められる牛乳や生クリームなどに加工され、保存性の高いバターや脱脂粉乳などは最後に加工される。つまり、簡単にいえば、牛乳を飲めば飲むほどバターに回る生乳が減るということ。

   14年度分を用途別にみると、牛乳向けは前年度比1.1%減の327万1258トン、生クリーム向けは0.6%増の134万8965トンだったが、バターなどの特定乳製品向けは4.1%減の153万7931トンと大きく減った。2年連続の減少で、バターの在庫不足につながったとされる。

   最近のバター不足について、農水省は「2013年の猛暑の影響で乳牛に乳房炎などが多く発生したことや、輸入飼料の高騰などで酪農家が廃業に追い込まれるなど、乳牛頭数が減っていることによって生乳の生産量も減少しています」と説明。それに伴い、バターの生産量も減少し、在庫量が大きく減ってしまったという。

   酪農の担い手不足は深刻で、一両日中に解決するような問題ではない。また、そもそも農水省は酪農家を守るためバターの輸入を制限してきた経緯もあり、十分な量が市場に出回るにはなお時間を要するとの見方がある。

   農水省は当面、追加輸入でしのぐつもりなのかもしれないが、バター不足は慢性化しつつあるようだ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中