愛之助と紀香「急接近」の真相  「同棲愛」報道めぐり様々な憶測

印刷

   歌舞伎役者の片岡愛之助さん(43)と女優の藤原紀香さん(43)が、女性誌の「同棲愛」報道について、ブログなどでともに否定した。真相は不明だが、ネット上では、報道の背景について様々な憶測が流れている。

   片岡愛之助さんと言えば、2年前に崖っぷちアイドルこと熊切あさ美さん(34)との交際を公言し、その後は同棲したことで、結婚するかどうかが度々話題になってきた。

  • 藤原紀香さんもブログで言及
    藤原紀香さんもブログで言及

愛之助さんは「お友達ですよ」と同棲愛を否定

   1年前には熊切さんとの破局報道も出たが、片岡さん自身がそれを否定していた。

   ところが、女性セブンの2015年5月28日発売号では、5月までに片岡さんと熊切さんが別れたことが分かり、片岡さんと藤原紀香さんが藤原さんの自宅マンションで同棲を始めたと報じた。2人は、14年秋ごろに藤原さんが片岡さんの舞台を観るようになって急接近したという。

   5月21日夜には、東京都内の和食レストランで片岡さんの弟子らも含め4人で会食し、片岡さんは藤原さんらと別れた後、自らの車で藤原さんのマンションに向かった。すでに合鍵も渡されているようだという。藤原さんは会食時、勝負カラーとする黄色の着物を着ており、「梨園の妻のよう」とする写真も載った。

   片岡さんがマンションから出てきたのは翌朝で、この日も、公演を終えた後に仕事帰りの藤原さんを車に乗せてマンションに帰ったと写真付きで紹介している。記事では、藤原さんの知人の話として、大阪で活動している片岡さんが東京にいるときは、ほとんど藤原さん宅で生活しているとした。

   この報道について、片岡さんは、27日の舞台発表会見で「お友達ですよ」と釈明した。また、この日のうちに公式ブログも更新し、「報道に同棲とか合鍵とありますが、その様な事実は一切ありません」と断言した。藤原さんとは、3年ほど前から、病院を紹介してもらうなど何でも話せる友人だと説明している。

ドラマの話題作り説もあるが、真相は不明

   藤原紀香さん所属事務所のサムデイでは、取材に対し、片岡愛之助さんについて「古くからの知り合いで、仲のよい友人の1人です」と説明した。片岡さんと交際していることについても否定した。なぜ藤原さん宅に入ったのかについては、「プライベートのことですので、事情は分かりません」と答えた。

   藤原さんは、ブログなどで「いろいろお騒がせしております」とだけ書き、何か必要なことがあればそのときに報告するとした。

   女性誌報道について、ネット上では、その背景について、様々なうわさが出ている。

   藤原さんは、BS放送で7月から片岡さんも出る主演ドラマが始まることから、そのための話題作りではないかという声が多い。女性誌に載った写真がカメラ目線のようにも見えることや、ドラマで着る藤原さんの服が同じ勝負カラーの黄色であることなどもある。芸能界のある事情通は、「確かに、紀香さんには最近話題がないので、どこかから仕掛けられた可能性はあるかもしれませんね。もしそうだとすると、ちょっとやり過ぎすぎではないかという気もします」と言う。

   一方、藤原さんがブログなどで交際を否定していないことなどから、藤原さん自身に片岡さんの気を引きたいという思惑があるのでは、といった見方もあった。

   もっとも、こうしたことに根拠はなく、まったくの憶測に過ぎないのはもちろんだ。

   なお、スポーツ紙などでは、片岡さんは、熊切あさ美さんと「別れた」と周囲に伝えていると報じている。これに対し、熊切さんの所属事務所では、相変わらず仲良くしており、片岡さんと一緒に住んでいることにも変わりはないと、マスコミ取材に答えている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中