繁華街での「ナンパ」は禁止すべきなのか ネットで大激論、「道も聞けない」と反発する声も

印刷

   繁華街を所在無げにうろつく女性に声をかける。そんな男性の姿を一度くらいは目にした経験があるかもしれない。俗に「ナンパ」と呼ばれる行為だが、禁止の是非を巡り、ネット上で議論が巻き起こっている。

   「ナンパ」に恐怖を訴えるひとが「禁止すべきだ」と主張する一方、「迂闊に道も聞けない」と反発する声も多い。

  • 反発の声も多いが…(画像はイメージ)
    反発の声も多いが…(画像はイメージ)

ナンパの定義は不明確

   街中で見知らぬ人に声を掛けられた時、ナンパと並んで想起されるのが「キャッチセールス」だろう。街ゆく人を執拗に勧誘し、商品購入やサービス契約を促す悪徳商法だ。こちらはすでに各都道府県の条例で禁止されているほか、特定商取引法でも勧誘の際はその旨を事前に消費者へ告げるよう定められており、事実上違法とされる。

   一方、ナンパに関しては該当する法律だけでなく、その定義も不明確だ。一般的には「街頭などで声をかけて、男性が女性を誘うこと」(大辞泉)だが、その後の展開を含めてさまざまな要因が絡み合い、線引きが難しい。

   そんな中、先日教育現場でのドッジボールをめぐって問題提起したコラムニスト・勝部元気さんが「全面禁止」を訴えた。勝部さんは2015年6月11日のブログで「女性に関してはキャッチセールス以上に『迷惑』『恐怖』だと感じているのはナンパなのではないか」と仮定し、「(クラブなど)される側も望んでいる空間のみ合法とし、公道や公共性の高い空間(日常生活で使用する施設等)の場におけるナンパ行為は全面禁止とするべき」と主張した。同時に法改正や条例改正も求め、「キャッチセールス以上の厳しい罰則を設けて欲しい」とまで書いている。

   ツイッターと口コミで調査した結果も公表、「相手の素性が分からない」「付きまとわれることもある」などの理由で約97%の女性がキャッチセールスよりナンパの方が怖いと回答したという。ただ、個別具対的な事例には触れていない。

   ツイッターでは「なかなか面白い」「重罪で良い」など肯定的な意見が相次いで寄せられた一方、「頭悪すぎ」「暴論だ」「しょうもな」など否定的な意見も目立つ。

   中には「ブサイクが女性に道を尋ねただけで、ナンパとみなされて冤罪をふっかけられて豚箱に入れられる」と予想する人まで現れた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中