韓国で大流行の「MERS」 日本上陸の可能性はあるのか

印刷

   2015年5月以降、韓国で中東呼吸器症候群(MERS)の感染が広がっている。中東に滞在した男性が韓国内にMERSを持ち込み、6月26日現在で感染者は181人、死者は31人、隔離対象者も4000人以上にのぼる。

   日本人も一時隔離されていたこともわかり、対岸の火事とはいえない状況だ。実際に日本へ上陸する可能性はあるのだろうか。

  • 感染力は弱いが警戒を怠ってはならない(写真:WIKIMEDIA COMMONSより)
    感染力は弱いが警戒を怠ってはならない(写真:WIKIMEDIA COMMONSより)

1人から平均0.8~1.3人に感染

   MERSはせきや息切れ、発熱が主な症状で、重症者の致死率は約40%(韓国では現状約10%)とかなり高い。原因となるMERSウイルスが発見されてから3年しか経っておらず、人から人への感染は、咳やくしゃみによる飛沫感染や接触感染の可能性が高いようだが、詳しくは不明だ。

   韓国では4次感染まで広がり、「感染力が強まっているのではないか」と懸念する声もある。だが、感染力の目安は「1人の感染者から何人に拡大するかだ」と、神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長の岩田健太郎医師は指摘する。

「少し乱暴な計算ですが、韓国の人口約5000万人中感染者は180人ですから、罹患(りかん)率は10万分の1以下。日本で結核にかかる可能性のほうが高い数字です」

   国立感染症研究所によるとMERSは1人の感染者から平均0.8~1.3人に感染するとされており、毎年流行するインフルエンザの2~3人、アフリカで猛威を振るうエボラ出血熱の1.7~2人と比べると、確かに感染力は低い。韓国では最初の感染者の男性から約40人にうつったが、これは当初診断が確定せず、複数の病院に診察や入院を繰り返した言わば「例外」だ。

   とはいえ日本と韓国は地理的に近く、観光客やビジネスマンが頻繁に行き来している。感染者が日本に入ってくるのも時間の問題ではないかと考えてしまうが、岩田医師はその可能性は低いという。

「MERSが中東で流行してからも、日本と中東の人の往来は特に制限されていませんが、中東からMERSは持ち込まれていません。韓国は隣国とはいえ、現状の感染力では日本で感染が拡大するのは考えにくいでしょう」

万一に備え国内335か所に入院医療機関指定

   韓国でも現時点では、MERS感染者の家族間や医療機関の患者間、患者と医療従事者間での感染にとどまり、感染ルートも把握されている。世界保健機関(WHO)のケイジ・フクダ事務局長補は2015年6月17日の会見で、現段階では「国際的な公衆衛生上の緊急事態」には当たらないとの見解を明らかにした。

   とは言え、韓国に渡航した際に感染者のいる医療機関に近づくような不用意な行動は禁物だ。岩田医師は、「もちろん、感染力が弱いから安全という意味ではありませんし、流行地域に行く場合は、感染しないための一般的な衛生対策は必要です」と強調する。フクダ事務局長補もNHKのインタビューに対して、「ウイルスは世界中に広がるおそれがある。日本や各国は十分な警戒が必要だ」と述べた。

   国内では厚生労働省が2009年の新型インフルエンザ流行を踏まえ、MERS感染拡大が起きないよう、感染者が発生した都道府県内で治療が完結する体制を整えている。全国335か所に入院医療機関を指定し、各地の保健所や地方衛生研究所でMERSの検査が可能な態勢を整えた。万一、中東や韓国から帰国して1~2週間後に発熱や咳などの症状がある場合、直接医療機関には行かず、最寄りの保健所に流行地域に滞在していたことを告げ、その後の検査を待つことになる。[アンチエイジング医師団取材TEAM/監修:岩田健太郎 神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長]


アンチエイジング医師団

「アンチエイジングに関する正確で、最新かつ有効な情報」を紹介・発信するためにアンチエイジング医学/医療の第一線に携わるドクターたちが結成。 放送・出版などの媒体や講演会・イベント等を通じて、世の中に安全で正しいアンチエイジング情報を伝え、真の健康長寿に向き合っていく。HPはhttp://www.doctors-anti-ageing.com 2015年4月1日から医療・健康・美容に関する情報サイト「エイジングスタイル(http://www.agingstyle.com/)」の運営も開始。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中