「ゆう活」で早く帰れるはずなのに・・・ 夜になっても霞が関は明かり煌々、「泊まり」も

印刷

   出勤を早くして退庁後の時間を満喫する、という働き方「ゆう活」が国家公務員を対象に始まった。しかし膨大な仕事量を抱える職員たちは、すんなり定時に帰れる訳もなく、政府が呼びかける「生活を豊かに」という思惑通りに進んでいない。

   本来であれば17時過ぎには多くの職員が退庁しているはずなのだが、夜になっても霞が関の各庁舎は煌々と明かりが灯っているようだ。

  • 「ゆう活」は7月1日から実施されている
    「ゆう活」は7月1日から実施されている

首相は「ゆう活」で美術館訪問

   ゆう活は「夕方」の時間を使って、家族と過ごしたり、遊びに行ったりして「生活を豊かにしていく」という考え方からネーミングされた。2015年7月1日から国家公務員の間で率先する形で実施されている。海外のサマータイムにならい、7、8月の2か月間導入する。

   この間、通常より1~2時間早い7時30分や8時30分から勤務を始め、終業時刻を16時15分から17時15分にすることが基本となる。内閣人事局によると、霞が関の本庁勤務の職員のほか、地方の出先機関で働く職員を含む、約22万人がゆう活の時間帯に合わせて仕事をする。

   安倍晋三首相自身も1日、率先してゆう活を取り入れた。夕方には仕事を終え、都内の美術館を訪問。取材陣には「人生が豊かになった気がする。みなさんにもゆう活を生かして人生を楽しんでもらいたい。長時間労働を変えていきたい」と話した。

   とはいえ、膨大な事務作業に追われる国家公務員たちは、想定通りに夕方からの時間を楽しむことは難しいようだ。

   ツイッターを見ると

「0730出勤したが、結局今日は1615に退庁できなかった・・・」

など、職員によると思われる書き込みがある。21時ごろになっても霞が関合同庁舎の明かりが煌々としていた、という報告もあった。

国会延長と予算編成で大忙し

   原則としては16時15分以降に会議を行わないことや、早朝出勤した職員は定時退庁することになっている。困難な場合でも可能な限り早期退庁することとされている。

   しかし国会が9月末まで延長され、これからの時期は予算編成が進む。一部職員にとっては、とても定時で帰れる状況ではない。

「何がゆう活だよ。この時間に帰ってもそこら中電気ついてるの外から見えるんだぞ」
「もともと定時で帰れるやつは帰れるし、帰れないやつは帰れない。本省だと国会待機と予算編成作業をどうにかしないと」
「ゆう活?泊まりだよ」

と不満をあらわにした書き込みも少なくない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中