今度は東山動植物園マーク「盗用」疑惑が浮上 佐野氏側は全面的に否定

印刷

   五輪エンブレムを巡る騒ぎで、今度は佐野研二郎氏(43)がデザインした名古屋市・東山動植物園のシンボルマークが、中米コスタリカの国立博物館のマークに似ているとの指摘が出ている。佐野氏の事務所では、広報担当者が2015年8月18日、マスコミ取材に対応し、「トートバッグ以外にはトレースしたものはない」と盗用を否定した。

   報道によると、広報担当者は、「コスタリカからは問い合わせがなく、問題ないと思っている」と説明し、もし問い合わせがあれば誠実に対応するとした。騒ぎが拡大しているが、五輪エンブレムのデザインを取り下げることについては、否定的な見方を示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中