後継「ハイパーカミオカンデ」は事業費8倍の800億円! ノーベル賞受賞で予算がつくのか

印刷

   梶田隆章・東京大宇宙線研究所長のノーベル物理学賞につながった観測装置「スーパーカミオカンデ」には、後継となる「ハイパーカミオカンデ」の建設が計画されている。

   既に、実現に向けて国際共同研究グループが2015年1月に発足しているが、問題は事業費。スーパーカミオカンデの8倍にあたる800億円もするのだ。

  • ハイパーカミオカンデは事業費800億円(画像は東京大サイトから)
    ハイパーカミオカンデは事業費800億円(画像は東京大サイトから)

100万トンの水タンクと10万個の光センサー

   2015年10月6日に発表された梶田教授のノーベル物理学賞受賞では、素粒子の一種であるニュートリノに重さがあることが初めて証明したことが評価された。このニュートリノ振動を観測したのが、岐阜県飛騨市にあるスーパーカミオカンデだ。

   スーパーカミオカンデは、2002年にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊さんが発案した「カミオカンデ」の後継機で、1996年に稼働した。5万トンの水を蓄えたタンクと壁に設置された光センサーからなる。タンクが3000トンだった初代から比べて桁違いに大きくなった。

   この2代目をさらに20倍の規模にしようと、同じ飛騨市内に建設が計画されているのが「ハイパーカミオカンデ」だ。100万トン級のタンクとその中に約10万個の光センサーが設置される。

   10月7日の「スッキリ!!」(日本テレビ系)に出演した中村健蔵・東大数物連携宇宙研究機構特任教授は

「現在のスーパーカミオカンデでは到達が難しい、次の世代のニュートリノを打ち出す、もっと強力な加速器が必要」

と、計画の意義を語っている。

13国の費用分担で2025年実験開始を目指す

   ハイパーカミオカンデの実現に向けて、すでに準備は進んでいる。2015年1月31日に日本をはじめ、アメリカやイギリスなど13か国の研究者からなる国際研究グループが結成された。2025年の実験開始を目指している。

   800億円に上る事業費は、各国で分担する方針だが、約100億円だったスーパーカミオカンデよりもはるかに規模が大きい。

   先述の中村教授は、梶田教授のノーベル物理学賞の受賞が予算獲得につながるかと聞かれ、「そうなってほしい」と述べた。

   また、ノーベル賞も取れるだろうか。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中