ダルビッシュ元妻、紗栄子に熱愛報道 お相手は「ゾゾタウン」前澤社長

印刷

   大リーガー・ダルビッシュ有投手の元妻でタレントの紗栄子さん(28)に新恋人がいるとスポーツ紙が報じた。相手はファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」などを運営するスタートトゥデイの前澤友作社長(39)で、2000億円の資産を持つ富豪だそうだ。

   二人の親密さの程度は定かではないが、会社側も「友人の一人」であることは認めており、ダルビッシュ投手が再婚したこともあって、今後の発展が注目される。

  • 紗栄子さんはゾゾタウン前澤社長との熱愛報道にまだコメントを出していない(画像は公式ブログ)
    紗栄子さんはゾゾタウン前澤社長との熱愛報道にまだコメントを出していない(画像は公式ブログ)

メジャーデビューを果たしたパンクバンドのドラマー

   いったい紗栄子さんの新恋人とされる前澤社長とはどんな人物なのか。ユニークな経営者であることは間違いない。従業員の基本就業時間は午前9時から午後3時までの6時間とし、昼休みは廃止している。集中させることによって効率を上げることと、帰社してからのプライベートな時間を観劇や勉強など自分磨きのために使って欲しいからだという。会社は千葉県にあり、会社の近くに住む社員には月5万円の手当が出る。通勤時間を短くすることによって精神的な負担を抑え、仕事に集中できるようにするためだそうだ。とにかく、人と同じことをするのが嫌なようで、独自の発想を至る所で採用している。

   実は前澤社長は元プロのミュージシャンだった。中学高校とバンドを結成し、高校を卒業後にパンクバンド「Switch Style」で活躍。これがソニーに認められ1998年に「METRONOME」でメジャーデビューを果たす。担当したのはドラムだ。同時に輸入レコード・CDの通販も始める。個人的な趣味で集めていたが、友人などを通じ口コミで前澤社長が持っているレコードやCDが評判になったため商売にしようと考えた。数を仕入れてカタログ通販をしたところ売り上げが月に500万円にもなった。転機が訪れたのは01年。バンドはそれなりの人気はあったのだが、年に1枚アルバムを出してツアーに回る日々が続き、

「サラリーマンミュージシャンになってしまい、ワクワク感が無くなった。会社は日々大きくなるし、客も売り上げも増えていく。ダイナミックで無限の可能性がある」

として実業の道に専念することを決める。

二人が知り合ったのは今秋?

   前澤社長はスタートトゥデイを1998年に設立している。実業家の道を選んでからはレコードやCDの輸入販売だけでなく、ファッション全般にも広げようと考えた。04年12月に「ゾゾタウン」をオープンすると人気に火が付き、07年12月にマザーズに株式上場。12年2月には東証一部に市場変更した。年商は約1300億円、年間350万人以上の買い物客が訪れるようになった。

   日刊スポーツ(15年10月19日)によれば、紗栄子さんと前澤さんが知り合ったのは今秋で、多忙なスケジュールの合間にデートを重ねているという。紗栄子さんは「恋多き女」として知られ、これまでも俳優の小出恵介さん、お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さん、サッカー日本代表の香川真司選手、音楽プロデューサーの大沢伸一さんとの熱愛が噂された。ただし今回は前澤さんの資産が2000億円という報道が注目を集めている。元夫のダルビッシュ投手が再婚したことで今度は紗栄子さんもゴールインといった憶測も出ているが、ネットでは結婚までは発展しないだろうという見方が多い。

   二人は本当に熱愛中なのか。スタートトゥデイの広報に取材すると、

「社長のプライベートな事はお話できませんが、友人の一人、だと伺っております」

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中