松坂桃李&木村文乃のキスシーンに悶絶 視聴者「お似合いすぎる」「たまらなくエロい」

印刷

   2015年秋の新ドラマ「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」(フジテレビ系)で禁断の「刑事カップル」を演じている松坂桃李さん(27)と木村文乃さん(28)に、インターネット上で「お似合いすぎる」と絶賛の声が寄せられている。

   4度目の共演となる2人は、初回から息もぴったりの演技を披露。キスシーンは見ている人たちが思わずニヤけてしまうほどで、ネット上では「本当のカップルになってほしい」「結婚してほしい」といった意見まで飛び出している。

  • 猪熊夕貴役を演じる木村文乃さん(写真は2015年9月撮影)
    猪熊夕貴役を演じる木村文乃さん(写真は2015年9月撮影)

「7回くらい巻き戻して観た」人も

   原作は山崎紗也夏さんのマンガ「サイレーン」。初動捜査に当たる警視庁機動捜査隊の里見偲と猪熊夕貴が死体発見現場で出会った謎の女、橘カラの狂気に翻弄されるクライム・ラブサスペンスだ。

   松坂さん演じる里見と木村さん演じる猪熊は、仕事上の相棒であると同時に恋人同士でもある。バレたら「即異動」となるため交際は秘密にしているが、2人きりになる覆面パトカーの中では、カップルらしい会話を繰り広げることもしばしばだ。

   このカップリングがインターネット上では大好評で、2015年10月20日に第1話が放送されると、

「松坂桃李と木村文乃カップルかわいすぎかよ」
「お似合いすぎて悶絶している。。。」
「このカップル、ツボすぎてやばい!!」
「組み合わせ最強すぎて、ほんまにやけとまらん」

   といった声が続々と上がった。

   特に視聴者を興奮させたのが、半同棲中の里見宅でのキスシーンだったようだ。猪熊は、会話の流れからソファーに寝そべる里見に覆いかぶさり、くすぐり攻撃を開始。「うりゃぁ~~」「ちょっと待って待って」と笑い転げた後、里見に抱きしめられ、何度も唇を重ねる...というシーンで、ネット上には「7回くらい巻き戻して観た」「たまらなくエロかった」といった声がいくつも寄せられた。

「恋人役」「夫婦役」が結ばれるケースも少なくない

   松坂さんと木村さんは2012年のNHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」で初共演し、同年公開の映画「今日、恋をはじめます」では元恋人同士の役を、そして15年9月公開の映画「ピース オブ ケイク」では松坂さんが「おかま」となって友人同士の役を演じていた。そして今回、4度目にして初の恋人同士の役柄となった。

   お互いの印象についてはインタビュー等で

「一緒にやっていて楽しい女優さん」「面白くて素敵な方です」(松坂さん)
「私も好きな俳優さんですよ。松坂さんとはいつも話している。遠慮しないでポンポンと話しながらいいものが作っていける関係」(木村さん)

などと息の合ったコメントをしている。偶然にも誕生日が2日違いとあり、撮影現場で先日開かれたバースデーサプライズでは、仲良く「ケーキ入刀」を行った。

   そんな2人について、ネット上では

「本当に付き合えばいいのに」
「リアルに付き合ってたら、わたしの一番好きなカップルになる」
「このままドラマ終わる頃に熱愛報道でて、電撃婚してほしい」
「松坂桃李と木村文乃にはこのまま結婚してほしい」

などと、現実での交際&結婚を期待する声が少なくない。

   松坂さんといえば今年1月に女優の綾瀬はるかさん(30)との熱愛が一部で報じられたが、双方の事務所は「友人の1人」とコメント。4月には「女性セブン」が「通い愛」として続報を伝えているものの、真相ははっきりしていない。

   芸能界では「恋人役」「夫婦役」を演じた2人が現実で結ばれるケースは珍しくない。ここ数年の間でも東出昌大さんと杏さん、向井理さんと国仲涼子さん、堺雅人さんと菅野美穂さんなどが結婚している。

   爽やかな好青年俳優と、どこか儚げな雰囲気の美人女優。ネットの期待どおり、注目ドラマのお似合いカップルがゴールインする日は来るだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中