大人になった「おそ松くん」6つ子 ボーイズラブ好きの腐女子に大人気

印刷

   昭和の時代にリアルタイムで「おそ松くん」を見ていた人たちには信じられないことだが、あの六つ子(6人)のキャラクターが、BL(ボーイズラブ)好きな「腐女子」から大絶賛を浴びている。

   ネット上にはラブラブな六つ子の兄弟を描いた、イラストやマンガ、小説といった二次創作が大量にアップされ、その数は日々増えている。きっかけは2015年10月から放送が始まったギャグアニメ「おそ松さん」。大人になった六つ子が登場、大活躍している。

  • ボーイズラブのネタに6つ子が使われなぜか腐女子に大人気(写真はテレビ東京アニメ『おそ松さん』公式サイト)
    ボーイズラブのネタに6つ子が使われなぜか腐女子に大人気(写真はテレビ東京アニメ『おそ松さん』公式サイト)

半裸で体を触り合い、顔を近付けあわやキスシーン

   「おそ松くん」は故赤塚不二夫さん原作のギャクマンガで、1962年から「週刊少年サンデー」で連載が始まり、66年、88年と2度アニメ化された。赤塚さんの生誕80年の今年が3度目のアニメ化で、タイトルが「おそ松さん」に変更された。6つ子の年齢の基本設定は10歳だが「おそ松さん」では20代前半となっていて、定職に就かずニートのような生活を送っている。イヤミやチビ太、デカパン、ダヨーンといったおなじみのキャラも健在だ。

   実は「おそ松さん」、放送前からBL好きの「腐女子」に支持されるのではないか、と話題になっていた。それは六つ子を演じる声優が櫻井孝宏さん、中村悠一さん、神谷浩史さん、福山潤さん、小野大輔さん、入野自由さんと非常に豪華で、人気ぶりは「腐女子」にまで波及していたからだ。ちなみに、BL系18禁アドベンチャーゲーム「学園ヘヴン BOY'S LOVE SCRAMBLE!」が原作となった同名のアニメでは福山さん、神谷さん、櫻井さんと、イヤミ役の鈴村健一さんが声優として出演している。

   制作サイドも「腐女子」を強く意識していて、第一話では6つ子を大人気アニメ「うたの☆プリンスさまっ♪」並のイケメンで登場させ、舞台で歌い踊らせたほか、兄弟が半裸になりお互いの体を触ったり、抱きついたり、顔を近づけあわやキスといった際どいシーンを連発させた。

   6つ子の通う学校「私立おそ松学園」では「BL制」を敷いている、といったテロップも出た。ただし、BLをはっきり意識したのは1話の途中までで、2話、3話ともにキャラも「普通」に戻り、赤塚ギャグ・パロディーを連発させている。

「ピクシブ」ではイラストや小説が3000件もヒット

   放送前の予想が当たり、ネット上には1話放送後に6つ子を使ったおびただしい数のイラスト、マンガ、小説といったBL作品がネット上に出回ることとなった。ネット上には「BL松」という専用タグがあり、「おそ松くん」「おそ松さん」の「腐女子」向け二次創作作品にリンクが張られている。さらにタグは「おそチョロ」「一カラ」「カラトド」「トド一」などと細分化されている。これは6つ子の一対一のカップリングを示すもので、例えば「トド一」というのは、トド松と一松のカップルを指す。タグの先にはこの二人がイチャついているイラストなどがある。

   イラスト投稿コミュニティサイト「ピクシブ」で「BL松」を検索すると、15年10月26日の午後2時の段階でイラストが1500件以上、小説が1400件以上ヒットする。総合では3000件近くある。6つ子を使ってBL作品を描いた人たちは、

「全部松可愛過ぎて今日も一日が楽しい。一十四、十四チョロ、一カラその他。下ネタもありますんで注意」
「ディープキスが好きです」
「(まだ)ホモじゃないですが邪な気持ちがないと言えば嘘になります」

などといったコメントを付けて楽しんでいる。また、贔屓のキャラを「推し松」と呼んでいて、6つ子の中で誰が好きかを競ったりもしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中