ユーチューブなど大手サイトが追悼デザイン パリ同時多発テロ受け

印刷

   フランスのパリで2015年11月13日夜(日本時間14日早朝)に起きた同時多発テロを受け、動画サイトのユーチューブや検索サイトのグーグルなど大手サイトがフランスを追悼するデザインに変更した。

   ユーチューブはトップ画面に「We stand with Paris(われわれはパリとともにある)」と表示。グーグルは検索トップ画面に黒の喪章を掲げた。ツイッターやフェイスブックでも同様の動きがあり、16日現在、すでに通常のデザインに戻ったサイトもある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中