「狙って、持って帰れるよう頑張る」 錦織選手、96年ぶり「五輪メダル獲り」誓う

印刷

   男子テニスの錦織圭選手(25)が、日に日に「メダル獲り」への意欲を強めているようだ。錦織選手は2016年のリオデジャネイロ五輪や2020年の東京五輪に向けたスポンサー契約を続々と獲得しており、ここ数日は「発表会ラッシュ」だ。

   当然、発表会では五輪の目標が話題にのぼるが、じょじょに獲得に向けた表現がストレートに変化しており、2015年11月27日には「メダルを持って帰れるように頑張りたい」と述べた。日本にとってテニスでの五輪メダルは1920年が「最初で最後」。96年ぶりのメダル獲得への期待が高まりそうだ。

  • JALの植木社長からは「リオ五輪での活躍を祈って金色」に塗装されたモデルプレーンがプレゼントされた
    JALの植木社長からは「リオ五輪での活躍を祈って金色」に塗装されたモデルプレーンがプレゼントされた
  • 格納庫に作られた「即席コート」でのラリーも実現した
    格納庫に作られた「即席コート」でのラリーも実現した

テニスのメダルは1920年に獲得したのが唯一

   男子テニスの11月23日付けATP世界ランキングでは、錦織選手の順位は8位。日本人では最高位で、08年の北京(1回戦敗退)、12年のロンドン(5位入賞)に続いて3大会連続の五輪出場が確実視されている。日本が初めて五輪でメダルを獲得したのは1920年のアントワープ大会。男子テニスの熊谷一弥選手がシングルとダブルスで、柏尾誠一郎選手がダブルスでそれぞれ銀メダルを獲得している。日本のテニス選手がメダルを獲得したのは男子・女子含めてこれが唯一で、仮に錦織選手が獲得すれば96年ぶりの快挙だ。

   当然、発表会の場でもメダル獲得が話題にのぼる。11月25日のP&Gの発表会では、錦織選手は、

「自分もメダルを取れる位置にあるし、取りたい気持ちも大きくある」

と意欲を示したものの、

「正直、何も期待しないでもらいたい」

と弱気な発言も漏れた。翌11月26日のLIXIL(リクシル)の発表会では、

「それまで(五輪まで)にレベルを上げて、メダルを狙える位置にいたい」

と意欲を見せた。

プレゼントは「金色」のモデルプレーン

   翌11月27日に羽田空港で開かれた日本航空(JAL)の発表会では、一気にストレートな表現になった。

「夏に五輪が控えており、来年はまた大きな1年になると思う。五輪では是非、メダルを狙ってメダルを持って帰れるように頑張りたい」

   2020年の東京五輪についても、

「日本で五輪が開かれるのはとても楽しみ。5年後という期間も長くあるので、しっかり自分が強くなって30歳の歳を迎えて、日本の五輪でもいい結果が出せるようにしたい」

と意気込んだ。

   発表会では、植木義晴社長から錦織選手をペイントしたモデルプレーンがプレゼントされた。期待は「リオ五輪での活躍を祈って金色」に塗装されていた。

   錦織選手は普段使用しているものと同じモデルのラケットを植木社長にプレゼントし、植木社長に対戦を申し入れた。植木社長は、

「ものすごい無茶ぶり。私がテニスをやったのは35年ぐらいまえのテニスブームで、みんなでやった覚えはある。少し鍛えてあげてもいいとは思いますけど?空振りしてもいいということであれば少しおつきあいいただいて...」

と笑顔で強がったが、格納庫に作られた「即席コート」でのラリーでは、もちろん植木社長が劣勢だった。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中