ナイナイ岡村激怒させた薬物疑惑「謎の記事」 出所不明の「誌面画像」が拡散している

印刷

   お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さん(45)が、自身に降りかかった薬物使用疑惑に猛反論している。

   きっかけは、1週間ほど前からネット上で拡散している1枚の画像だ。過去の雑誌記事のようにみえ、「人気お笑い芸人O」にまつわる「シャブ」使用のウワサを報じているのだが、いつどこに掲載された記事なのか、ハッキリとしないのだ。

  • 自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組で「あれはもう、かなわんわ」と困惑(画像はオールナイトニッポン公式サイトのスクリーンショット)
    自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組で「あれはもう、かなわんわ」と困惑(画像はオールナイトニッポン公式サイトのスクリーンショット)

「確実に太っている時の俺やんか、あれ!」

   「ちょっと、吉本興業から訴えてくれへん?俺の薬物疑惑」――。2016年2月26日未明放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送系)で、岡村さんはタイトルコール直後にこう切り出した。

   曰く、実家から「あんた、薬やってんのか?」との電話があり、慌てて情報元をインターネット上で探してみると、あるネットニュースが見つかったという。

   指摘しているのは、1週間ほど前からネット上で話題になっている雑誌記事風の画像のようだ。「冠番組を持つ大物コンビNのO」が「シャブ中毒」に陥り、マトリ(麻薬取締官=編集部注)が内偵に入ったとのウワサを紹介しているもので、左端にはOだとする男性の写真が顔にモザイクの入った状態で掲載されている。

   特定の名前は出てこないが、岡村さんはイニシャルや写真から自身を指していると判断したようで、放送の中で「明らかに俺の...。お笑い芸人何とかとか言って、確実に太っている時の俺やんか、あれ!」と言うと、

「俺、ホンマちょっともうビックリやわ、ああいうの。訴えられへんの?あれ、何なの?ネットの記事なん?あれはもう、かなわんわ」

と露骨に不快感を示した。

   岡村さんは26日昼にゲスト出演した「バイキング」(フジテレビ系)でも、芸能界やスポーツ界の薬物問題が話題にのぼると、再びこの話題に触れた。ネット上の記事が元で疑惑の目が向けられていることを説明し、「いつでも検査してください!ほんまに!」と身の潔白を訴えた。

「吉本興業から訴えてくれへん?」

   「訴えてくれへん?」という岡村さんの要望を受け、吉本興業は今後どうするつもりなのか。

   J-CASTニュースが26日、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに取材すると、広報担当者は、薬物中毒というウワサについては「事実無根」と全否定した。その上で「記事はイニシャルなので岡村とは特定されていない」としたが、「本人から要請があれば、精査して対応を検討する」とコメントした。なお、現時点では岡村さんから相談は来ていないという。

   そもそも画像の元記事は、いつ、どの雑誌に掲載されたのかハッキリと分かっていないまま拡散されている。「今年5月」という記述があるため、2016年よりも前であるように読めるが、数年前のものである可能性もある。あるいは、雑誌記事に見立てた創作画像という可能性も否定できない。よしもとの広報担当者も、出所を「把握していない」という。

   問題の記事は、文中ではウワサが立った背景を説明しているのみで、実際に薬物中毒かどうかについては明言していない。「覚醒剤」「麻薬」という単語は出てこず、「シャブ」「ヤク」「クスリ」という隠語しか記載されていない。

   にもかかわらずネット上では、覚醒剤問題で逮捕された元プロ野球選手・清原和博容疑者が「シャブ仲間」の大物司会者を暴露したという一部報道などと関連付けて拡散。「清原の次はナイナイ岡村隆史が薬物で逮捕クル」と断定的な見出しを付けるまとめサイトまで現れ、1週間ほど前から広まっていた。

   そのため、ネット上では「これいつの記事なのよ」「いくらなんでも名誉毀損」と不審がる声が少なくない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中