保釈・清原を追走したマスコミバイクに「まるで暴走族」 ネットで「気持ち悪い」の声飛びかう

印刷

   マスコミ各社のバイクと一台のワゴン車が夜の都心で「カーチェース」を繰り広げた。覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴された元プロ野球選手、清原和博被告(48)の「保釈映像」をめぐり、ネットでは「暴走族みたい」「マジで気持ち悪い」との批判が飛び交っている。

   保釈の様子は民放各社の報道番組が生中継。夕刻のお茶の間にリアルタイムで伝えられた。ひときわ視聴者の目を引いたのは、清原被告を乗せた車を10台以上の報道各社のバイク隊が追走する映像だ。

  • 「追跡劇」を視聴者はどう見た(画像は清原被告のブログ。現在削除)
    「追跡劇」を視聴者はどう見た(画像は清原被告のブログ。現在削除)

空陸「両面作戦」で10台超すバイクがしつこく追う

   世間を驚かせた「電撃逮捕」からおよそ1か月半。2016年3月17日、ついに清原被告の保釈が決定した。同日早朝から張り込んでいた社も含め、19時前の警視庁本部前にはマスコミが大集結。後部座席を黒いカーテンで覆った銀色のワゴン車が現れると、まばゆいフラッシュの光が周囲を照らした。

   清原被告はこの車で警視庁のある霞が関から千葉県松戸市の総合病院に直行するわけだが、ここから映画さながらの「追跡劇」が始まる。マスコミは空からヘリコプター、陸からバイクの両面作戦で車を捕捉し続け、リアルタイムで現在地を伝えた。同時間帯の報道番組では軒並み、ヘリからの中継映像が放送されていた。

   車は桜田通りの官庁街を抜けて首都高速道路へ入り、そのまま千葉に向かう。その後ろにピッタリ付けていたのは10台以上にもなるマスコミのバイク隊だ。車の動きに反応して一斉に動く様子は、まるでマラソン大会で走者の後ろを走る「白バイ」だ。

   帰宅ラッシュの真っただ中にあった都心の幹線道路は交通量が多い。清原被告を乗せた車とバイク隊の一群はすっかり「大所帯」となっていたが、整然と走る車の間を巧みにすり抜け、夜の街へと消えた。

   日刊スポーツ電子版は17日付けで、写真部記者の追跡レポートを掲載している。それによると、「ワゴン車までは50メートルほど。これ以上離されたらおしまいだ」「(ヘリ提供の)映像から頭をひねり、先回りをした」という緊迫した状況だったらしい。空からの映像を見ながらバイクを運転するという必死の追跡だった。

ホリエモン「報道の正義がここにあるのか?」

   しかし、中継映像を見ていた視聴者からは別の意見が聞こえてくる。例えばツイッターでは

「まるで暴走族」
「ただのはた迷惑」
「マジで気持ち悪い」

といった疑問の声が噴出していた。確かに映像を見ると、バイク隊は1つの車線におさまりきれず、横の車線にはみ出している。一つ間違えれば、大きな事故が起こりかねない状況だっただろう。

   その頃、中継映像を見ていた実業家の「ホリエモン」こと堀江貴文さん(43)もこうつぶやいた。

「まるでちょうど10年前の自分をみてる気分。夥しい数のバイクに追われて巻くのが大変だったな。一台は地下駐車場に不法潜入までしてきたからなあ。報道の正義がここにあるのか?ないよなぁ。。。」(16年3月17日18時59分のツイート)

   堀江さんは06年1月、ライブドアグループの証券取引法違反事件で東京地検に逮捕され、およそ3か月後に釈放された。当時の記憶と、今まさに追いかけられている清原被告の様子を重ね合わせたようだ。

   何としてでも清原被告の顔をとらえたいと執念の「追跡劇」を見せたマスコミ。しかし、ネット上を見る限り、その行為が「正義」と思われているかどうかは、微妙かも知れない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中