山尾政調会長って椿鬼奴に似てない? 「頭下げない」釈明会見より気になったコト

印刷

   民進党の山尾志桜里政調会長(41)が政治資金をめぐる問題について説明しようと2016年4月6日夕方に開いた会見では、「元子役」というキャリアをつい思い起こしてしまうほど、張りのある声と滑舌の良さは健在だった。

   山尾氏は会見で、元公設秘書が架空の経費を計上していた疑いを指摘。残されたレシートなどを精査した上で導いたという「仮説」だったが、その秘書には事情聴取しないままで会見に臨むという、元検事らしからぬ「詰めの甘さ」も見せた。政調会長の職は続投を明言。不祥事を受けた多くの会見では「恒例」の頭を下げる形での謝罪は抜きで、今回の会見を押し切ったが、国民の納得を得られるかは未知数だ。

  • 政治資金をめぐる会見に臨む民進党の山尾志桜里政調会長。角度によっては「椿鬼奴さんに似ている」という声も!?
    政治資金をめぐる会見に臨む民進党の山尾志桜里政調会長。角度によっては「椿鬼奴さんに似ている」という声も!?
  • こちらが椿鬼奴さん(2012年8月撮影)
    こちらが椿鬼奴さん(2012年8月撮影)

多額のガソリン代支出に元秘書が関与した「蓋然性が相当に高い」

   山尾氏の会見での説明によると、12年分のガソリン代の支出が総額429万2818円と突出して多く、特に11年8月から12年5月にかけては月に30万円を超えた。この期間が、かつて山尾氏の事務所に在籍していた公設秘書の在職期間とほぼ一致していることなどから、山尾氏は

「多額のガソリン代金の支出にこの秘書が関与している蓋然性が相当に高い」

と指摘した。

   山尾氏は「保育園落ちた日本死ね!!」と題したブログを国会審議で取り上げて脚光を浴びる前は、甘利明経済再生担当相(当時)の秘書による金銭授受疑惑について「本人の責任を免れるものではない」などと追及していた。山尾氏は会見で、自らの事案と甘利氏の事案との違いを聞かれて、

「違うとしか言いようがない。それぞれ事案は全部違う」

と、やや言葉に窮した様子だった。実際、両者の事案には「違い」がある。

   甘利氏が16年1月28日に開いた会見では、秘書が千葉県内の建設業者から寄付として受け取った300万円を「費消してしまった」と説明。この会見で、甘利氏は大臣辞任を表明していた。

「疑惑の元秘書」事情聴取せず会見に臨む

   対する山尾氏は、政調会長の続投を明言。架空の経費計上が疑われている秘書に対しては、事務所関係者が直接コンタクトするのは望ましくないという弁護士の助言を理由に、コンタクトしないまま会見に臨んだ。山尾氏は、元公設秘書に対する「法的措置」を検討していると繰り返したが、民事なのか刑事なのかや、具体的な対応を行う時期についても明言を避けた。

   山尾氏は秘書の監督責任を認めた上で「恥じている」「猛省している」「申し訳ない」と繰り返したが、会見の最後に会釈した程度で、不祥事に関する会見にはつきものの「深いお辞儀」なしで1時間強に渡る会見を終えた。ただ、記者からの質問が出なくなるまで会見を打ち切らずに質問に答え続けた。

   なお、今回の会見とは直接の関係はないが、出席した記者の中には、山尾氏とお笑い芸人の椿鬼奴さん(43)がそっくりに見えた、と指摘する声もあがった。ネットで調べてみると、「そっくり」な著名人2人の写真などを並べ、そっくりと思うかどうかを尋ねるサイト「sokkuri?」に、山尾氏と鬼奴さんのお題もあった。2016年4月7日夕現在、「そっくり率」は約74%となかなかの高率を見せていた(参加、約60票)。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中