「半裸の15歳JC」撮影した45歳無職男 逮捕のきっかけ「警察への藪蛇質問」が話題

印刷

   「15歳の女の子と付き合っているが、犯罪になるのか」――。神奈川県警にこんな相談を寄せた45歳の男性が、女子中学生とみだらな行為をしたなどとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)と県青少年保護育成条例違反の容疑で逮捕された。

   産経新聞電子版が2016年4月12日に報じたこのニュースが、いまネット上で話題を呼んでいる。ツイッターなどには、「自ら捕まりに行っているようなもの」「相談する相手間違えたな」と面白がる声が上がっている。

  • 警察への「藪蛇電話」が逮捕のきっかけに……
    警察への「藪蛇電話」が逮捕のきっかけに……

「犯罪になるのか?」と自ら問い合わせ

   神奈川署が4月11日に逮捕したのは、小田原市在住の45歳無職男性。県警によると、容疑者は15年10月に当時中学3年の女子生徒(15)を半裸にして撮影。11点の児童ポルノ画像データを保存したほか、16年1月には自宅で女子生徒にみだらな行為をした疑いが持たれている。

   産経報道によると、今回の事件は、16年2月に容疑者の男性が「15歳の女の子と付き合っているが、犯罪になるのか」と神奈川署へ電話したことで発覚した。容疑者は、女子生徒とは15年9月にスマートフォン向けのチャットアプリで知り合い、「結婚を前提に付き合っていた」とも供述したという。

   警察への「相談」がきっかけで事件が発覚、最終的に逮捕まで至る――。そんな事件の顛末はネット上で話題を呼び、ツイッターやネット掲示板などには、

「自ら捕まりに行っているようなもの」
「何かのギャグかと思ったが本当だったのか...」
「なんでノコノコ捕まりにいくんですかね」

といった声が相次いでいる。12日昼には一時、ツイッターの「トレンド」に関連ワードが登場するなど、大きな関心を集めた。

元警部の分析は

   30年以上現場にいたという大阪府警元警部でテレビコメンテーターの門脇浩氏は、4月12日のJ-CASTニュースの取材に対し、容疑者による警察への電話相談には「第三者が介在していた可能性が高いのでは」と分析する。

「自分では犯罪かは分からないグレーな行為について、警察に本人から相談が寄せられること自体は少なくありません。ただ、そうした相談の場合、ほぼ必ずといっていいほど、本人は第三者から脅迫を受けています」

   門脇氏自身も、第三者から脅迫や恐喝の被害に遭っている人が、「被害相談とともに、自らの行為が犯罪に当たるかどうか」尋ねてくるケースは複数回経験しているという。

   今回の事件についても、「ただ単に警察に相談したとは考え辛い」と述べ、

「報道されなかった部分で、何らかのトラブルが起きていたのではないでしょうか。そう考えるのが自然です」

と推測した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中